SINLOG

SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

観音堂のおみくじが当たりすぎて危険な件。旧正月に寺院をはしごして魚アレルギーでも食べられる似非寿司屋(藤素食)に行ってきた。

シンガポールに住み始めて早6年目。新年の初詣に加えて、旧新年にも初詣をする、年に2回初詣が自分の中でのデフォルトとなっている。新年は台湾で過ごしたので、今年の新暦の初詣は台湾の龍山寺に行ってきました。台湾については気が向いたときに更新します。

チベット系の寺院「Thekchen Choling(大乘禅寺)」

今年のシンガポールでの旧正月は、信心深そうな中華系シンガポール人の友達に「どこか気の利いたお寺に連れてって」とお願いしてみました。すると、その友達がそっち系だったのでチベット系寺院に案内されました。

生粋のコテコテ関西人(大雑把で適当)である自分は新年の初詣をして気持ちを新たにする、そして旧新年にも初詣をして「初詣を2回したった!欲張った!」と思うだけで十分。お寺の宗派などは気にしない。チベット寺院は他の寺院とは少し雰囲気が異なっていて、興味深い黒いオーラを放っていました。

続きを読む

中国語が伸び悩んでいて練習量が足りないと思ったので巷で噂のオンライン会話「ネイティブキャンプ(NativeCamp)」を始めてみた(その2)。

どうも、7日間無料!レッスン受け放題!のうたい文句に誘われて、中国語学習目的でネイティブキャンプに登録してしまいました、Xin(しん)です。

結果的にはネイティブキャンブは、8回ほどレッスンを受けたのち2日の有効期間を残して退会しました。しかし初めてオンライン英会話でレッスンを受けて色々と感じた事があるので、今回はネイティブキャンプでレッスンを受けた感想を、包み隠さず話していこうと思います。英語は仕事でもプライベードでも使っている人間の感想なので偏りがあります。

続きを読む

中国語が伸び悩んでいて練習量が足りないと思ったので巷で噂のオンライン会話「ネイティブキャンプ(NativeCamp)」を始めてみた(その1)。

どうも、いよいよ本格的にブログ更新が億劫になってきましたXin(しん)です。そろそろ旧正月ですね。最近とあるウェブサイトをはじめて、こちらのブログ更新がおざなりになってきました。今後月1回くらいの更新になるかもしれません。

 言語の勉強法を見直す

3年ほど前からシンガポールで中国語を勉強し始めました。先ず6ヶ月ほど生駒言語学院に通い、そのあと中華系シンガポール人の友達に月2回ぐらいの頻度で教えてもらう。そんな感じでかれこれ3年以上も中国語の勉強を続けています。

f:id:xinsg:20170123221649j:image

性格的にゴリゴリ単語を覚えたり、文法書を読んだりなどの真面目な勉強は不可能。なので思い切って「いかに楽をしつつ言語をマスターするか」というメソッドを作り出してやる、という意気込み(言い訳)で怠けながら勉強してきました。そんな自分の中国語レベルは未だに中の下です(泣)。

続きを読む

台湾旅行~花蓮編(4)- 台湾の運転免許は持ってないけど花蓮でバイクを借りてみた。

予約したホステルが3時からしか入れない(実際は電話を掛ければ入れた可能性が高い)という衝撃的事実が判明した後、キャリーケースをゴロゴロさせながら、辺りを彷徨った。

レンタルバイクの勧誘を受けた

午後1時頃だけど、思いのほか周りは閑散としている。さすがに人口ざずか11万人余りの花蓮だ。「時間どうやって潰すか(´Д`)?」などと悩みつつ、この辺りを歩いていたところで、いきなりショップの兄ちゃんが声を掛けてきた。

f:id:xinsg:20170115150931j:image

兄貴「その先は何もないぞ。レンタルバイクはどうだい?」

しん「まじ?(´Д`)。台湾の免許持ってないけど大丈夫なの?日本の免許ならあるけど翻訳してもらってないよ。」

続きを読む

台湾旅行~花蓮編(3)- 台北から花蓮へ移動。予約した宿へ向かったのだけど宿が閉まってた。

台湾旅行2日目。ホステルが想像以上に酷かったので、朝ごはんも食べず早朝から台湾の東海岸の田舎町「花蓮」へ行くべく台北中央駅へ。

f:id:xinsg:20170113120938j:image

切符はマニュアル購入

前回に台湾に来て、台中、台南、高雄などへ向かった時は、券売機で切符を購入しましたが、花蓮に行く場合はカウンターで購入するように案内されました。「うわ、外国人面倒くさい」と思われただけなのかもしれないけど。

f:id:xinsg:20170113120921j:image

ここは外国人も沢山いるので、英語のみならず日本語も通じます。というか今回の旅行で気付いたのですが、台北は街中でも案外英語が通じます。花蓮観光後、途中から中国語疲れして、台北内のMRTの駅やショッピングモールの店員さんには英語使っていたのですが、流暢に対応してくれる方が多かったです。もしかして、台北では香港よりも英語が通じるかもしれない。

続きを読む

台湾旅行~花蓮編(2)- 林森北路で何人ものポン引きに声を掛けられた後にサウナ「金年華三温暖」に行ってきた。

土林夜市で食事をした後は、在台湾日本人駐在員の聖地「森林北路」に行ってきた。前回は1度も足を踏み入れなかった台北屈指の夜の歓楽街。この辺たりの飲み屋に行ってみると楽しいよと言われていたので、店に入るかは別として、とりあえず雰囲気を味わうために来た。

森林北路にはポン引きの巣窟だった

最寄駅はMRTの「中山駅」。下車してとぼとぼ歩いていく。如何せん訪れるのか初めてなので、どの辺りからが「林森北路」と呼ばれているのかは知らなかったけど、知る必要もなかった。知らせてくれる輩が大量にいたのだ。

時間は10時半頃。駅を出て歩くこと10分。ちゃりんこに乗ったアンクルが声をかけてきた。

f:id:xinsg:20170112121542j:image

アンクル「兄ちゃん、女の子はどうだい?」

しん「プーヤオ(いらない)」

続きを読む

台湾旅行~花蓮編(1)- 土林夜市で「猪血糕」を食べたけど美味しくなかったので地下の食堂でお口直しをした。

どうも去年の年末から新年にかけて台湾に旅行ってきました、Xin(しん)です。前回台湾を旅行した時は、旅行期間が一週間という短い期間にも関わらず、台北→台中→台南→高雄→台北→九分→基隆→台北というルートを周ったので、スケジュールが詰め詰めでした。今回も期間は一週間ですが、主に台北と花蓮市のみ。年末のシンガポール⇔台湾の航空チケットはタイガーエアーで約SGD600.00(保険追加)でした。

 花蓮市はどんなところ?

花蓮市は人口が11万人くらいの台湾の東海岸に位置する田舎町。日本統治時代には、日本人のための尋常小学校や中学校、旧日本軍の駐屯地などもあったのだとか。花蓮市の近くに太魯閣(たろこ)と呼ばれる超絶景な渓谷(けいこく)が超綺麗で有名らしく、普段から友達にごり押しされていたので今回行ってみることにしました。

Taroko Taiwan

個人的には「花蓮市は太魯閣(たろこ)以外に何もなかったのう!」という感想に終わったのですが、花蓮での無免のためのバイクの借り方、花蓮での普通のカラオケ、成人男性向けの情報などなどの情報をゲットしたので、とりあえず今回も旅行記事を書こうと今パソコンの前に向かっております。

昨年のゴールデンウィークに行って来たミャンマー旅行についてが中途半端なままになっているのですが、無視して台湾のほうを進めていきます。

続きを読む

国籍フィルターは人間関係を構築するのにネガティブに働いてしまう。多国籍の人と上手に付き合い人生を楽しく過ごすにはどうすればよいか。

ご無沙汰しております。明けましておめでとうございます。年末は台湾を旅行していて、先日シンガポールに戻ってまいりました、Xin(しん)です。

f:id:xinsg:20170105005206j:image

シンガポールに住み始めてから、シンガポール国外で新年を迎えるのは初めて。ようやく念願だった「台北101の爆発」を生で見届ける事ができました。帰りは、予想通り交通渋滞がナイトメアだったのもお決まり。同じ事は2度とすまいと心に誓った新年でした。

f:id:xinsg:20170105010021j:image

シンガポールでの、自分の台湾好きアピールの度が過ぎて、台湾に行くと友達に伝えた瞬間「ウェ~イ!找台妹(台湾の女の子探しにいくのか)?」と言われる始末。場を盛り上げるために敢えて台湾好きを誇張している部分もありますが、だからこそ自分はシンガポールで台湾人の友達が殆どいないんですよね。その理由は国籍フィルターのせいだろうと思います。

続きを読む

海外にも「二次元の女性しか愛せない人」がいるのか調べてみた結果、その程度が日本を遥かに超えていたので何でもOKと思えるようになった。

どうもご無沙汰しております。メリークリスマス过(グオ)。今年のクリスマスディナーはサンテックの売れてないラーメン屋さんのラーメンでした、Xin(しん)です。

今年は珍しくクリスマスが土日となっていたので、当日はシティエリアがとんでもなく混雑するだろう。などと思っていたのですが、意外や意外。一番人が多くなると思われる午後5〜6時ごろシティエリアはガラガラでした。MRT車内もガラガラ。

ざっと降ってさっと止むスコールが多いシンガポールですが、5時ごろから土砂降りの雨が降り出して、その後も延々と雨が降り続いていました。雨のなか外を歩いている最中。

しん「Why today it keeps raining?」

友達「Cos, today is Christmas Eve!」 

しん「Noooo, that cannot be a reason!」

友達「Cos, you are asking!」

※(Cos=Because)

みたいな不毛なやり取りを続けていました。まさに雪が降るホワイトクリスマスならぬ、雨が降り続けるブルークリスマス。今年のシンガポールは、その次の日のクリスマスも雨が降ってました。ほんまに気分がどんより。しかし、自分は独身だし恋愛ベタなタイプですが、一緒にクリスマスを過ごしてくれる生身の人間はいました。

衝撃的な動画を見つけてしまった

先日フェイスブックで衝撃的な動画を見つけてしまいました。「Gatebox」とか言う一緒に暮らしてくれバーチャルロボット(女の子)の宣伝動画。売れそうな商品やサービスを創って、金儲けを試みる企業の健全な営利活動なんだろうけど、なんだかすんなり飲み込めない。個人的に「こんな商品が世の中に出回ってええんかいな」と思わせられた。

もやもやしていた自分の気持ちを代弁してくれている投稿。


ペドロさん「何てこった、、日本人は思った以上に早く消滅しちまうぜ。」

  こんな可愛らしい外国人女性の投稿も。

シャンテルさん「  ちぇ、わたし彼のワイフになれる?、彼マジでキュートだわ。」

続きを読む

九宮格火鍋にて友達にシンガポール人の苗字をリストアップしてもらって改めてカオス過ぎると感した。

どうもご無沙汰しております。年末、年末、忘年会の時期ですね。自分も例に漏れず、先日は忘年会に参加してきました。忘年会の席で友人に、中華系シンガポール人の名字のバリエーションを書き出してもらったので、今回はシンガポール人の名前について考えていきたいと思います。その前に。

九宮格火鍋にて食の好みの壁を感じた

今回の舞台は「九宮格火鍋」というブギスにある豪勢な魚介類を振る舞うお店。ローカルシンガポール人や中華系からは結構人気があるのではと思われるレストラン。

f:id:xinsg:20161220120831j:image

お馴染みのフーディーなシンガポール人の友達が「ここ美味しいよ」と友達に勧めらたらしく、このお店に決まったのですが、個人的な感想はいまいちでした。

f:id:xinsg:20161220120951j:image

こんな風に豪勢な感じで魚介類が盛られて出てくるのですが、見掛け倒しもよいところ。よく考えたら、ほとんど海老なんですよね。しかもその肝心の海老が生温くて、ちゃんと火が通ってるのか気になりました。ここのお店の食事を食べて「お腹を壊した」という報告もネット上で見かけました。

続きを読む

ヒジャブ女子に繰り出されたクリティカルヒットが効き過ぎてヒジャブが危ういと思う。

ヒジャブという布をご存知だろうか。ヒジャブとは、アラビア語で「覆うもの」を 意味する単語で、いわゆるイスラム教徒の女性が頭に被る布のこと。一般的に色は黒と決まっているのだとか。

Hijab

イラク、イランなどの保守的な中東の国でこそ昔は強制だったらしいが、基本的に強制ではなく、着用するしないは女性の自由。ヒジャブを全く着けないイスラム女性もいるし、時と場合によって着けたり着けなかったりしているイスラム女性もいる。

続きを読む

Khansama Tandoori Restaurant(カンサマ・タンドリー・レストラン)でカレーを食べながらトイレの話をした。

タイガービールも美味しいけど、インドのビール、キングフィッシャー(Kingfisher)も悪くない。フーディーな日本人の友達は、その中でもキングフィッシャー・プレミアム(Kingfisher Premium)というビールが大好きで、リーゾナブルな価格でその幻のビールが飲める店を常に探しているんだとか。

キングフィッシャー・プレミアムが希少過ぎ

インド人は日本人や韓国人ほど大っぴらにお酒を飲む習慣がないので、シンガポールのリトルインディアにあるレストランも、アルコールを提供している店は限られる。それでもKingfisherはインドの代表的なビールなので、お酒を取り扱ってる店なら、必ずと言っていいほど置いてあるんだけど、Kingfisher Premiumとなるとそうはいかない。Lagnaaみたいな高級な部類に入る店でしか置いていないのだ。

キングフィッシャー・プレミアムが置いてある店

しかし、この度ようやくKingfisher Premiumを見つけたので、若干興奮気味でこのントリーを書いている。インド人同僚からオススメされた、結構有名なレストランらしい。噂には聞いていたけど、結果的にはこのレストランでKingfisher Premiumを見つけた。

Khansama Tandoori Restaurant(カンサマ・タンドリー・レストラン)

f:id:xinsg:20161211121136j:image

Khansama Tandoori Restaurant
住所:166 Serangoon Road Singapore-218050
時間:午前11時~午後11時
電話:6299-0300、6396-7395
URL:http://www.khansama.net/default.aspx

ウェブサイトを覗いてみると、どうやらケータリングサービスもしているらしい。なるほど、よく見てみたらウェブサイトには提案欄もあるし、サービスには気を使っていて、マーケティングも上手そうなレストランだ。

続きを読む

東北人家の「茄子炒め」が超美味かったし謎メニュー「糸引きサツマイモ」の糸が伸びすぎてやばかった。

ご無沙汰しております。最近シンガポール人に日本語を教える機会がやたらと多いためか、外国人用の日本語文法を身につけ初めてきました、Xin(しん)です。第1類動詞の「て形」は「て形の歌」で叩き込むしかないのか。そんな事ばかり考えています。

美味い中華料理店「東北人の家」を見つけた

見つけたというか中国滞在期間が長かった友達がオススメだと教えてくれました。今まで中華料理といえば、ゲイランの「成都名小吃」しか選択肢がなかったのですが、ここはそれ以上かもしれない。先月末に知って既に2度も行ってきた。値段&質ともに今までシンガポールで試した中華で一番かも。日本人用のガイドブックにも掲載されているかもしれない有名な店だから、ちと悔しいけど美味かったものは仕方ない。という事で、ありきたりですが今回も食リポです。

東北人家(Dong Bei Ren Jia)までの行き方

日本語読みなら「東北人家(とうほくじんか)」となるけど、中国語では「ドンベイレンジャ」。中国の北方に長期で住んでいた友達が「本場の味が再現されている」と言っていたので向かったのが切っ掛け。場所は頭の弱い説明になるけど、チャイナタウンの出口Aを出て後ろに進んで、右に曲がってまっすぐ行って、アッパー・クロス・ストリートで右に曲がって、まっすぐ行くとこんな光景が見えてくる。

f:id:xinsg:20161206201459j:image

目の前はこんな感じ。下の写真でたたずんでいるお姉さん店員さんが、パンチの効いたマンダリンで予約はあるのか聞いてきます。写真は1回目の来店時にとったもの。自分にとっての2回目の来店は日曜日の夕方6時に2名での突撃だったのですが、6時という超早い時間で、ほかの店はガラガラであったにも関わらず、ここだけ店内は満員で、結局外で食事を頂くことになりました。4人以上で向かう際は予約は必須。でないと門前払いを食らう可能性があると思います。

f:id:xinsg:20161206201447j:image

東北人家 (Dong Bei Ren Jia)
住所:22 Upper cross street Singapore058334
電話:6224-5258
時間:11:00-25:00(毎日

続きを読む

高級フードコート「ESSEN」にて現地採用と駐在員のヒエラルキーとか外国人差別とかを考えてみた。シンガポールの告発サイトとは。

シンガポールのラグジュアリーな生活は金持ち外国人のためだけのものではない。前回紹介した(ルール上)住人の大半がシンガポール人な高級HDB「ピナクル」には、高級フードコートなるものもある。そんな事を、数あるシンガポール在住日本人駐妻ブログ(略して「チュブ」)で良く目にしたことがあるので、自分も例に漏れず行ってきた。

 「ESSEN」までの行き方

言い忘れたけどピナクルは縦にもでかいし横にもでかい。広大なHDB敷地内を、友達と「噂のカフェはどこだろう」などと呟きつつ彷徨った。これがグーグルマップの地図。

そして、これが住所&詳細だ。

Essen at The Pinnacle

住所1 Cantonment Road #01-01 The Pinnacle Singapore 080001
時間:月~金 10:30am - 11:00pm
電話:+65 67276066

グーグルマップを頼りにしても、なかなか到着しない。自分の方向音痴さに辟易しつつもさまよう事15分。ようやく見つけた。

f:id:xinsg:20161202193918j:image

と結局最後まで、HDB敷地内のどの辺りにあるのか分からなかったのだけど、グーグル先生によれば、ESSENは1C塔と1D塔の間にあるらしい。

f:id:xinsg:20161202172517j:image

屋上展望台を見学したあと1階に降りても四方塞がりになり身動きが取れず、ふと3階でブロック間を行き来したなという事を思い出し3階へ移動。屋上展望台はF塔から向かったので、F塔からコミュニティセンターを経由してC塔とD塔の中間まで向かったことになる(と思う)。

続きを読む

高級HDB「ピナクル・アット・ダクストン(The Pinnacle @ Duxton)」の屋上展望台に行ってきた。

高学歴、高収入、高身長、を意味する「三高(さんこう)」といえば、日本の高度経済成長期、女性の理想的な結婚相手である男性の形容として有名になった言葉である、という事は、日本人なら殆んどの人が知っているだろう。

コンドミニアムとHDB

一方、現地に在住する人間にとっては有名な話だが、物価の高い金持な国であるとメディアで持てはやされるシンガポールにも「三高」に相当する単語が存在する。「5C」と呼ばれていて5つの「C」は、それぞれ以下を意味する。

  • Cash(現金)
  • Car(車)
  • Credit card(クレジットカード)
  • Career(職業)
  • Condominium(コンドミニアム)

住宅費が馬鹿高いシンガポールでは、コンドミニアムに住むことが一種のステータスとされいるのだ。コンドミニアムには一部のお金持ちのシンガポール人や、駐在員の外国人などが住んでいる。

一方、シンガポールの9割が住む庶民的なアパートはHDBと呼ばれている。HDBとはHOUSING & DEVELOPMENT BOARDの略で、日本で言うところの公団住宅のようなもの。コンドミニアムに比べて安価だが、シンガポール永住権保持者の既婚者、もしくはシンガポール国民しか所有権がない。しかし、賃貸で住まわせてもらうことは外国人でもできる。現に貧乏人の代名詞「現地採用」である自分も例に漏れずHDBに住んでいる。

続きを読む