読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

ベトナム旅行 〜 ハノイ編(4)-船舶移動中での出来事-



ー2014年10月25日ー

ハロン湾に向かうバス内にて、途中で一部の乗客が降りた後、添乗員の真横に座る。

自分は飛び入り参加みたいな形で、ツアー申込した為、名前や国籍等を聞いてくる添乗員。自分の名前を教えると添乗員は「これか?」と言って名簿の名前を指差して見せてきた。

名簿『シホ ◯◯◯』。確かに英語で書くと似てるけど、微妙に違うし(笑)

「へぇ~、シホさんっていうんだ!」

自分とユーキ以外の日本人について、こっそり確認しつつ名簿に自分の名前を書き込む。そうこうしているうちに目的地に到着。ここからは船での移動です。

船の中ではご飯が振る舞われます。

無論この船内でも4人でハノイビールをガブガブ飲みまくってました( ´∀`)

ハロン湾目前に差し掛かったところ、数人が写真を取る為外に甲板へ。キショウと一緒に外に出て写真を取る。

日本人女性(シホさん)も甲板にいて、写真を撮っている。やはり、一人旅のようだ。日本語で声をかけてみる。


Xin「写真撮りましょうか?」

シホさん「あ、助かります~。」

ーーーー撮影中( ´∀`)ーーーー

Xin「一人旅ですか?」

シホさん「バンコクで友達と待ち合わせしてるんですけど、ここへは一人です。」

Xin「へぇ~イイですね( ´∀`)」

 

シンガポールでも頑なに日本人との接触を避けてしまう傾向がある自分。しかしながら、今回は自分から声を掛けるぐらい、シホさんについて好感が持てたのは、以下のポイントのせいかもしれない。


●半数以上現地人が参加するようなツアーに一人で参加していたこと
●恐らくスッピン、化粧はしていないこと
●後悔することなく平気で楽しんでいる様子だったこと


一人旅の行動パターンが自分と似ていて、明らかに他の日本人女性と違う為だ。シホさんとの話もほどほどに、ユーキ、シバ、キショウの席に戻り、皆で2階に上がる。

2階からの風景は格別でした。

ようやくこの後、ガイドブックでのお馴染みの風景が見えてくることになる。