SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

ベトナム旅行 〜 ハノイ編(6)-スンソット鍾乳洞観光-

ー2014年10月25日ー

スンソット鍾乳洞に到着。洞窟の入口まで登るための階段の階段は、なかなかきついです。しかし、頑張って登った後は、疲れも吹き飛んでしまうような光景が、そこにはあります。

お賽銭でしょうか?ベトナムのお金に硬貨はないので、シンガポールドルを数十セント放って、適当に願い事をしてきました(笑)

洞窟から出ます。


※自身のスマホカメラのスペックが低いため写真写りが悪いです。ハロン湾とスンソット鍾乳洞については、こちらのブログも合わせてご確認下さい

外に出ても眺めが良いため、写真を引き続きとります。

ここで事件発生!

シバが持っているアイフォン6の画質が、一番素晴らしいという理由もあり、4人で固まって行動しながら、写真を撮り合ってたのですが、


シバが・・・・消えた!

 

洞窟の中でやたらと夢中になって、アイフォン6で写真を撮ってたので「まだ洞窟にいるのでは?」ということで、3人で洞窟出口で待ってたのですが一向にシバが出てこない。

シバは出てこないけど、後方を歩いていたシホさんが出てきた。・・・どうせみんな待ってるからね、ということでシホさんの

ーーーー撮影タイム( ´∀`)ーーーー

なかなか見慣れないシホさんのスマホ。スペックもまあまあだったので聞いてみた。


Xin「これ、どこのスマホですか?」

シホさん「AQUOS PHONEです。」

 

おぉ(・o・)。そういえば日本にはそんなのがあったね。AQUOS PHONEってどこの会社が作ってるんだろう?→自分で調べてない(笑)

しかし、撮影タイムが終了してもシバがまだ出てこない(汗)結局一番後方で歩いていた添乗員さんも出てくる始末。

 

ユーキ「もう!あのインド人、永遠に洞窟の中で写真撮ってんじゃないの!?」

Xin「もしかしたら、もう船にいるかもしれないし、先に行こうか?」

 

という訳で、シバをほったらかしにして、先に、帰ることに(笑)

シバは・・・船の中にいた。

久々に出会ったシバの一言。

 

シバ「さあ、写真を取るぞー!」

ユーキ&Xin「そこのインド人ふざけんなー(怒)」

 

この後、船は観光バスが停車されている沖へ帰ることになる。