SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴るシンガポール ブログ。

MONKEY GOES WEST(西遊記)演劇を観に行ってきた。

昨日は、結構楽しみにしていた、シンガポールのローカル向けの「MONKEY GOES WEST(西遊記)」の演劇に行ってきました。

お馴染みの友達、毒舌なアラレちゃんに、誘って頂いたもので、Cafe Fest Singapore(1日目)に一緒に参加デスモンドとCafe Fest Singapore(2日目)に一緒に参加したワンティンの計4人で行ってきました。

場所はRaffles Placeより歩いて少しの、Victoria Theatreというところ。まず、Timbreレストランにて腹ごしらえ。





このレストランにて再確認したこと。

かれこれシンガポール在住3年半だけど、周りがシンガポール人ばかりだと、まだまだ会話について行けていない。マンダリンも勉強しているから、彼らがマンダリンを使っても、最低限のフレーズは理解できる。

だけど、特に厄介だなと思ったのは、福建語とかその他の言語に由来する、シングリッシュの単語が難しいこと。

「シングリッシュ専用の単語帳を作ってみるかな?」と思わされました。

演劇もシングリッシュで行われるので「理解できるかな( ´Д`)?」と不安に思いつつ会場へ。

しかし、そんな不安は演劇が始まり一瞬で吹き飛びました。

当然、会場内は多分ほぼ全員が現地人。アンモー(欧米人)もちらほらいました。

しかし、演劇はシンガポール在住なら、外国人でもすんなり理解できる内容とアクセントでした (´∀` )

ストーリー

三蔵法師の設定の小さい頃に母親を失い、家族との折り合いが良くなかった、シンガポールの一般的な学生「AH TANG」

シンガポールのJurong Westに住む彼は、ある真夜中にHaw Par Villaに迷い込み、500年岩に封じ込められていた孫悟空を、助けることになる。

※Jurong West:シンガポールの西の果て(田舎)

※Haw Par Villa︰読者さんのブログ参照→シンガポール⑧【B級スポット ハウパーヴィラ】

助けられた直後の孫悟空とAH TANG(三蔵法師)の会話。

孫悟空「助けてくれてありがとうございます。マスター、どちらにお伴しましょうか?」

三蔵法師「ん?Jurong Westのおうちヽ(゚∀゚)ノ」




・・・・・・



Haw Par VillaからJurong West・・・



確かに西に向かっとるけど・・・

 

どんな設定やねんщ(゚д゚щ)?

でも、全体的には、原作のストーリーに忠実に沿ってた上で、惜しみなくシングリッシュを使いながら、吉本に負けず劣らずのコメディ仕立てで、出来上がっていました。

向こう見ずな性格の孫悟空、貪欲な性格の蝶八戒(ちょうはっかい)、頑固な性格の沙悟浄(さごじょう)。

優等生な設定であるAH TANG(法師)が、彼らを注意しながら旅を終える訳ですが。法師役を終えJurong Westの自宅に帰る前、母親がいない家族が嫌いなAH TANG自身も「向こう見ず」、「貪欲」、「頑固」という3つの性格を持っていました。

「そのら3つの特徴を、普段の生活の中で、家族に見せてはいなかったかい?」と最後にでてきた、亡くなった母親から指摘されるんです。

そんな感じで、教育的にも、「Good Job σ(゚∀゚ )」な作品に出来上がっています。

以上。お子様連れでも安心ですので、行ってみては如何でしょうか?

チケットの購入はこちらからどうぞ。