読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

最近日本で利用者急増中らしいレンタル彼女は中国では昔からあるサービスらしい。



老四川豆花・・・にて、中国人のお友達ハオチーと、料理を待っている最中・・・

Xin「今日、衝撃的なニュースを見つけてしまったんだ。」

ハオチー「ん?どんなニュース?」

Xin「最近、日本ではレンタル彼女なるサービスが流行っているらしい・・・。」(口頭でざっくりハオチーに説明)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

利用者急増のレンタル彼女 高い料金&多くの制約、むなしくならない?実際に体験してみた。

今、話題の「レンタル彼女」というサービスをご存じだろうか。簡単にいえば彼女代行であり、規定の料金を払ってお好みのキャストとデートを楽しむというものだ。テレビ番組で紹介されたことでインターネット上でも話題になり、ここ数年、利用者が急増しているという。

 調べてみると、すでに複数の業者がサービスを展開している。料金は1時間当たり5000~7000円が相場で、人気キャストは割増になっている場合が多い。1時間単位で利用時間を決められる業者もあれば、「3時間コース」のようにあらかじめパック制になっているところもあり、いずれも延長する場合は1時間当たり4000~5000円の追加料金を払う必要がある。また、指名料として2000~3000円、交通費として2000~3000円(都内23区の場合)かかるのが一般的なようだ。

情報元:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150220-00010002-biz_bj-nb&ref=rank&p=1

ハオチー「1時間5000~7000円って凄く高いな(笑)。きっとオタクが利用するんだろうね。」

Xin「そうそう、こんな価格でも利用者急増中らしいということに驚いた。風俗にでも行っとけと思ったんだけど、どうやら女性と接点のない人が、ピュアな恋愛を楽しんだり、恋愛相談とかデートの予行演習をするために利用しているらしい。」

ハオチー「なるほど。中国にも昔から同じようなサービスがあるよ。

Xin「マジか?(,,゚Д゚)?」

ハオチー「こちらも、ほとんどが男性向け。料金は大体一週間でSGD1000.00(8~9万円)くらい。だけどサービス利用の目的は違う。中国では、子供がそれなりの年頃になっても彼女や彼氏がいないと、親がうるさくなってくるんだ。『まだ結婚相手は見つからないのか?』ってね。だから、親を黙らせる、もしくは安心させるために、異性にお金を払って一週間ほど家に来てもらって、恋人のフリをしてもらうんだ。」

Xin「なるほど、期間を考慮すると、まだ良心的な料金だよね。一週間恋人のフリ・・・それってもしかして、サービス提供者は夜の相手もするの?」

ハオチー「いや、そういうサービスは含まれていない。あくまで目的は恋人のフリをして、親を黙らせるか、安心させること。だけど最近この件であるニュースを目にしたんだ」

Xin「ほうほう、どんなニュース?」

ハオチー「ある中国人男性Aが一週間このサービスを中国人女性Bに頼んだんだ。先ほども言ったように、このサービスに性的サービスは含まれていないんだけど、Aの家には部屋数が少なくて、AとBは一週間同じ部屋で過ごしたんだよね。」

Xin「何かオチが予測できる(笑)」

ハオチー「うん、一週間も男女が一つの部屋にいれば必然で、結局AとBはヤってしまったんだ。そして、サービスが終わってしばらくしてからBは妊娠してしまったんだ。」

Xin「OMG(,,゚Д゚)。で、結局どうなったの?(本当に結婚したと予測)」

ハオチー「Bは文句を言って金を要求した」

Xin「で、それに対してAの反応は?」

ハオチー「Aの返事・・・『金ならもう支払った』(笑)」

Xin「その対応、そのまんま中国人(笑)・・・通常は具体的にどのような形でサービスが提供されるのか知らんけど、金を要求される男性も、妊娠してしまう女性も、自業自得としか言えないね。そんなに中国の親は、年頃になっても独身の子供に対してうるさいの?」

ハオチー「いや、最近ではそんな親は凄く少ない。そんなにうるさいのは、一部の凄く保守的な親たちだよ。」

今の時代、手段を選ばなければ、インターネットやスマホアプリを使って、簡単に異性と出会えると思います。(シンガポールではこの方法で恋人を見つける人が多いらしい)

しかし、ハオチーの話の舞台はあらゆるインターネットサービスが規制されている中国。そんな中国ならではのサービスと事件だと思いました。

でも、何故に「日本でも別の目的の、似たようなサービスが流行っとるねん?」とツッコミたくなった昨日の晩餐でした。