シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

シンガポールの庶民的なローカル料理をひたすら紹介していこう。



最近シンガポールの物価は世界一だとか言われているけど、そんなの嘘だと思う。タバコやお酒などの趣向品、住宅や車などは日本の東京よりも明らかに高いが、交通費用や食費などは非常に良心的な価格だ。

交通費なんてMRT(電車)でシンガポールの端から端まで行ったとしても、300円程度だろう。食費は毎日本格な日本食レストランで食べると確かに高くつくが、シンガポール内で腐るほど目にする「フードコート」や「ホーカー(露天商、屋台)」などで食べると、一食500円も出せばお釣りがくる。

今回はそんな「フードコート」や「ホーカー(露天商、屋台)」で食べられるローカル料理を紹介していこう。

※SGD1.00 = 約85円

エコノミーライス

・特徴︰ショーケースに並んでいるおかずの中から、好みのおかずを2、3品選んで食べる料理

・価格:SGD3.00〜SGD5.00 

f:id:xinsg:20150403181300j:image

f:id:xinsg:20150403181239j:image f:id:xinsg:20150403181332j:image

チキンライス

・特徴:シンガポール料理の定番。何故みんなチキンを食べるようになったのか?シンガポールは多民族国家でイスラム教徒もヒンドゥー教徒も生息する。だから牛でも豚でもないみんな食がべられる鶏を食べるようになったらしい。

・価格︰SGD2.00〜SGD5.00

f:id:xinsg:20150403182538j:image f:id:xinsg:20150403182136j:image

フライドオイスター

・特徴:卵と牡蠣を混ぜて炒めたもの。牡蠣の旨味が凝縮されていて非常に美味しい。特にビールとのコンビネーションは格別。

・価格:SGD5.00〜SGD10.00

f:id:xinsg:20150403183125j:image f:id:xinsg:20150403183518j:image f:id:xinsg:20150403183144j:image

ホッケンミー

・特徴︰水っぽい塩焼きそばのような食べ物。概ねフライドオイスターが売って入る屋台と同じ屋台で注文できる。フライドオイスター同様お酒に合うおすすめ料理だ。

・価格:SGD4.00〜SGD8.00

f:id:xinsg:20150403183727j:image f:id:xinsg:20150403184345j:image

キャロットケーキ

・特徴︰人参ケーキではない。大根芋を卵と一緒に炒めたもの。白と黒があって、日本人にとっては黒キャロットケーキは非常に脂っこい。個人的には白をお薦めする。

・価格︰SGD2.00〜SGD4.50

f:id:xinsg:20150403190658j:image f:id:xinsg:20150403190709j:image

ヨントーフ

・特徴:シンガポールのおでん的存在。脂っこい料理しかなくて困ってしまうシンガポールフードライフにおいて、唯一野菜がたっぷり取れるヘルシーなシンガポール料理と言えるだろう。麺を入れたり、ご飯をつけたり、スープを抜いてドライで注文したり、様々なバリエーションが楽しめる。

・価格:SGD3.00〜SGD5.00

f:id:xinsg:20150403191433j:image f:id:xinsg:20150403191452j:image

ラクサ

・特徴:様々な香辛料とココナッツミルクが入ったスープで味わう麺料理。かなり癖のある味だが、ローカルには人気がある。

・価格:SGD4.00〜SGD6.00

f:id:xinsg:20150403192347j:image f:id:xinsg:20150403193829j:image

カヤトースト

・特徴:卵、砂糖、パンダンで作ったココナッツ・ジャム入りトーストのこと。甘いがパンのカリカリした食感が病みつきになる。朝食でよく食べられています。卵は黄身を潰して、パンにつけて食べるも良し、黄身だけスルッと飲んで、パンだけを食べるも良し。食べ方は自由だ。

・価格:SGD5.00〜SGD6.50

f:id:xinsg:20150403201036j:image f:id:xinsg:20150403201017j:image

以上、他にもシンガポールの「フードコート」や「ホーカー」で食べられる料理は沢山あるが、特に「シンガポール料理」と言えるのは以上で網羅していると思う。シンガポール来た旅行者におすすめできる料理たちばかりだ。