シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

セラポン砦探検(2) - カウチサーフィン実体験レポート。



「正直シンガポールの歴史については、あまり詳しくないが、これだけは分かる。昔ここには人が住んでいたに違いない。」(当たり前だろ・・・)

探索中はそんなアホなことを、ボスに語りかけていた。

道の中腹にあった「デンジャー」に入るとそこには、こんな風景があった。

小さな建物?

いや、トイレだった。

100年前に作られたトイレなのに、洋式トイレとは驚きだった。


(作ったのがイギリス軍だったからか?)

道の突き当たり。


(危険な理由は足場が不安定だから危険と書かれているだけで、立ち入り禁止ではない。)

この奥にあったのはこんな要塞。

中には、当時活躍していたと思われるアンモー(欧米人)の名前が。

「Serapong」は現在ではどうやら、ゴルフ場コースとして有名らしい。都市国家シンガポールの片隅のゴルフ場コースから少し離れたここに、こんな要塞が昔のままの姿で、残されているとは意外だった。

鉢や蛇などが出そうな山奥だが、そういう類には全く遭遇しなかった。(安心して進めます。)

「おぉ、バッテリーだ!」誰かの声が聞こえてきた。

バッテリー?

バッテリーに使われていた?と思われる突起物。

要塞のメインポイントに戻る。

今度は別の方向から探索。

その先にあったのは家。

自分がセントーサ島にいるのを疑った。

家と木が一体化している、趣のある風景。

二軒目のお宅。

こちらは、すごく広くて。

地下らしきものもありました。

ここから顔を覗かせて、写真を撮ってもらいます。

外から見るとこんな感じ。

今回探索したエリアはここまで。

「プチアンコールワット?」というのは言い過ぎかもしれないけど、昔の建物が手付かずで残っているのが、非常に興味深いセラポン砦でした。

まだ見てないエリアはありましたが、みんなクタクタだったということで、この後は解散の兆しに。

・タイ料理食べたい人

・メキシカン料理食べたい人

・その他

という団体に分かれて晩ご飯を食べて帰りました。