SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

はこ(HAKO)を利用した「けん玉ビジネス」は儲かるのか。

ちょっと買物に出かけただけなのに、意外な発見があった。


画像引用元︰http://blogshopr.com/20120426/handmadeone-toy-outpost-hako-jcube/

「何時でもどこでもキャリーケース一つで引っ越しできるぐらいの荷物が良い」と考える自分はマキシマリストと言うより、どちらかというとミニマリストだと思う。あまり物欲がない・・・。

しかし、一つしかないものが、急にダメになると困る。家で唯一使用していたイヤホンが壊れた。


(露店で買ったSGD10.00くらいの安物。よく壊すからこれを想定して安いのを買った。)

「代わりはない・・・」

面倒くさいけど、ショッピングモールへ、新しいのを買いに行くことにした。

で、ショッピングモールを歩いていて見つけたのが、こちらの「はこ(HAKO)」ショップ。


※HAKO:シンガポールで、個人がロッカーを借りて自分の好きなものが販売できる、そんなロッカーで構成されたお店。箱の数だけオーナーがいると考えてよいと思う。以前、筆者もやってみようか考えたけど、EP(労働ビザ)は副業禁止なので諦めた。ちなみに、ロッカーは一番小さいので、一月SGD50.00らしいです。

此処に「はこ(HAKO)」があるという事は、以前から知っていたけど、あまり気に留めたことはなかった。

しかし、今回はイヤホン買いに来たので「もしや、いいやつ売ってるかも!」と思って中に入ったのだ。

大体、このHAKOショップで売られている商品は、スマホケース、スマホケーブル、イヤホン、充電器。あとはアクセサリーなどの小物ばかり。


(こんな感じの小物ね。)

けど、今日足を運んだところ、ある異変に気づいた。雰囲気が今までと違う。

最近の「HAKO」は「けん玉」ばっかりだったのだ。


(価格はSGD15.00~SGD30.00とか。利益率高そうやね)

「けん玉」はそんなに人気があるのか?

そういえば少し前、けん玉している子どもたちを見かけたぞ。


(シンガポールの子どもたちの間で、けん玉が流行ってる?)

そんな疑問を持ちつつ、自分が向かったのはシンガポールのデジタル専門店、チャレンジャー(Challenger)。

「何これ、ちょっとかわいいな~!」

なんてことを思いつつも、コスパが良さそうなヘッドセットを発見。

「SGD9.90・・・や、安い!どうせ壊すし、これでいいわ」

SGD10.00しか払ってないのに立派な袋に入れてもらうのが、申し訳なかった(笑)

ヘッドセットもちゃんと機能しました。コストパフォーマンスは良いです。

物使いか少し荒いので気をつけようと思います。

それよりも「けん玉ビジネス」は、もう飽和状態かな・・・。