SINLOG

SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

NTUCフェアプライスコーデ - 周りの反応を観察してみた。

どうも、少し久々の更新になります。平日は仕事、土日は遊んだり、勉強したり、飲んだり、マンネリでバーンアウト気味です。

その状況を打開すべく先週末「誰もしなさそうな事をしてみよう!」と発作的に思い立って、ある事を計画してみました。

その計画とは「NTUCフェアプライスで服を揃えて着てみて周りの反応を伺う」というもの。


※NTUCフェアプライス:シンガポールの生協。日本で言うところのコープです(笑)試着室は汚かったです。

先週の土曜日(うどん五緑の日)に実行しました。うどん五緑での昼食後は、語学交換会。その後は多国籍な環境でのカラオケ。一日で沢山の人に会う日でした。

NTUCフェアプライスで服を売ってるのはアンモーキオ駅前、AMK Hub内の地下です。服飾コーナー。

やはり生協。安っぽい雰囲気は否めない。主な客層は、フィリピン人やインド人の、おばさまや、おじさま達。

ジーパンを適当に選んで試着してみた。

価格帯は大体SGD11.00~16.00。

自分には少し大きめの物が多かったです。

早速試着してみた。すると腰から下が、リトルインディアやパヤレバにいるようなインド人スタイルになりました。長ズボンは諦めて、半ズボンにする事に。

上は、日本のコープにでも売ってそうな少し変わったものの中から選びました。


(遠くからでもしょぼさは否めません)

Mサイズ、Lサイズの中から、数少ないSサイズで着れそうな物を発見。早速、試着してみました。

少し大きな襟が気に入った。上はこれで良いけど、下は大きすぎ。最終的に、上の黒に合わせられる、適当な半ズボンを選択しました。

次の日の朝、かくしてUTUCフェアプライスコーデが出来上がりました。

シャツ:SGD11.90、ズボン︰SGD14.90

「歳相応の格好とは言えない(T_T)」

やっぱりいつも着ているような服に、着替えるかなと本気で悩みながらも、勇気を振り絞ってこのまま出陣しました。

大阪府民会幹事の組長にあった。

 

組長「お~、Xin、今日はお洒落やね?」


Xin「(ま・・・まじで?)これね、フェアプライスで買うたんですよ(笑)」

 

うどん五緑オーナーの松本さんと初対面。

 

松本さん「学生さん?」


組長「(笑)」

Xin「嬉しいですね。ありがとうございます。」

 

昼食後の語学交換会にて。

先週参加したメンバーは、日本人の駐在員ブロガー、タカ&ニーツ。頭が良くて若い硬派な中国人ハオチー。

服装について、彼らには全くツッコまれませんでした。

その後、語学交流半分&カラオケで合流したシンガポール人、イタリア人、ロシア人、中華系マレーシア人にも、服装についての言及は全くなし。

 

【結論】

人というものは、他の人の服装を余り気にしないものなのかもしれない。場所がシンガポールなら尚更。しかしながら何となく違和感があるので、この服は二度と着ないと思います。着るとしてもパジャマ替わりです。