SINLOG

SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

ナイトクラブ(1) - 外国人女性は簡単にシンガポールのクラブで働ける?

或る8月下旬の日の夕方の仕事帰り、意外な人物から意外な連絡があった。

「9/✗-10/✗ I'll go Singapore・・・」
(丸一ヶ月)

台北でお世話になったリア充系台妹ヴィニーからだった。

「おっ、シンガポール来るの ?しかし、一ヶ月って長くない?」

「シンガポールの観光とか、二泊三日で十分でしょ?」

などと思いつつメッセージよく見てみたら、或る単語を見落としていた事に気づいた。

「9/✗-10/✗ I'll go Singapore work」(そのまま中国語の語順だ・・)

 

「work」(゜o゜)?

・・・・しかも一ヶ月とな?

シンガポールは・・・

「ちょっと一ヶ月間、となりの県で、アルバイトしてきまーす( ´∀`)」

みたいな軽いリゾバ感覚で、働けるような国じゃないなんですけど。

台湾旅行(39)にて半分冗談でヴィニーに吹き込んだ内容を思い出した。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Xin「なるほど、ローンいくらぐらい残ってるか分からないけど、多分シンガポールで一年間働いて、普通に貯金したら、余裕でペイできると思う。ヴィニーこそシンガポールで働けばいいのに(笑)」

→お試しで一ヶ月間だけやってきた?

 

シンガポールでは台湾の評判は良い。テレビや張り紙で宣伝しまくってるし。小さい島国で中国語を喋る彼らは、シンガポールとの互換性は抜群だろう。

しかし、「ひょっ」とやってきて、一ヶ月間だけ働ける程シンガポールでは、台湾人の需要があるのか。ビザは一体どうなるんだ?

仕事内容を聞いてみた。


Xin「何の仕事?」

 

・・・約5時間後

 

 

ヴィニー「バー」


言いにくかったのか(笑)。聞いてしまった事に罪悪感を感じたけど。ま、偏見はない。差し詰めこんな類の店の中華(台湾?)バージョン?(寧ろ台湾限定なら死ぬ程興味ある。絶対遊びに行くww)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

画像引用元︰http://babylon.sunnyday.jp/

しかし、まあ何というか・・・「シンガポールのファームに行きたい」と言ってたベトナム人のトランにせよ、自分が旅行中にカウチサーフィンで出会った人達は、まともな理由で、シンガポールには来ない。

とは、思いつつも・・・他の国なら危ないかもしれないけど、シンガポールは安全な国だし、ここで水っけのある仕事をするのは、賢い選択かもしれない。

てな訳でヴィニーがシンガポール滞在中、実際に会って生活実態を聞いてきました。

なかなか興味深い話を聞けたし、実際にお店にも行ってきたので、何回かに分けてレポートします。