SINLOG

SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

シンガポールのOCBC銀行で利子3.25%を達成するための具体的な方法。

以前リポートしたOCBC銀行の360口座の金利3.25%を達成するための準備を進めています。

f:id:xinsg:20151224193127j:image

業績好調のシンガポールの三大銀行の一つOCBC銀行で3.25%の金利を達成するための条件は以下でした。

1.給与振込口座に指定 1.25%

2.請求書3つを自動振込に指定 0.5%

3.クレジットカード月SGD500以上使う 0.5%

4.保険商品やファンドを購入する 1.0% 

360口座をオープンした後、自分は給料振込先をシティバンクからOCBC銀行に変更して、クレジットカードも申請しました。

今まで知らなかったんですが、シティバンクは既に日本から撤退していたんですね。利子は雀の涙のくせに、最低預金額がSGD5000.00。この金額を下回れば毎月SGD10.00の口座維持手数料が取られしまうシティバンク。日本からも撤退したのであれば、もうアカウントを持っているメリットはない。シティバンクの口座はクローズします

鬱陶しいほど頻繁に掛かってきていたシティバンクからの電話がなくなるのかと思うと晴れ晴れします。

具体的に3.25%を達成するには

実際このOCBC360口座で「金利2.25%は達成したよ」という友人カズに色々聞いてみたので、具体的な達成方法をここに記します。

1.給与振込口座に指定

会社に「ここに振り込んで!」とお願いするだけ。一番ハードルが低いです。一応月収SGD2000.00以上が対象らしいですが、月収SGD2000.00もない日本人なんて普通シンガポールにはいないでしょう。

2.請求書3つを自動振込に指定

自分には電話代くらいしか請求するネタがありません。なのでこれは諦めてたのですが、クレジットカードの請求の自動振込でも大丈夫だそうです。極端な話、電話はプリペイドでも、クレジットカードを三枚作って自動振込指定して、毎月必ず三枚のカードを使えば、それで完了。

3.クレジットカードで月SGD500以上使う

毎月SGD500.00以上です。カズによれば「使う必要もないのに、無理矢理SGD500.00使うのは本末転倒やからな」とのことでした。彼は仕事が営業なので、経費をクレジットカードで支払いまくって会社に請求できますが、仕事が営業でもない自分にとってはハードルが高い。毎月SGD400くらいなら雑費に使っているような気もするけど、SGD500もコンスタントに何に使えるだろうか?

4.保険商品かファンドを購入する

「購入すると言っても、いくら購入すれば1%つくの?」。最低SGD8000.00分の保険商品を買うか、最低SGD40,000.00分のファンドに投資、が条件のようぜす。保険商品は、短くても五年ものらしい。現実的じゃないので、ファンド投資の方のがおすすめです。海外投資だし、そこそこ大きい金額。これが一番ハードルが高いかもしれないです。

増加分に対する利子

f:id:xinsg:20151224194619j:image

前回この件で更新した時は勘違いしてたのですが、これは先月に比べ預金が増えていたら増えた預金の分だけ利子がつく、ということですね。

f:id:xinsg:20151224194632j:image

SGD5000.00預金すれば、その1%、SGD40,000.00預金すれば、その1%の金利が受け取れます。上限はSGD1,000,000(約9000万)まで。この利子を受け取れるのは、1回こっきりのみ。

以上、具体的な金利3.25%の達成の仕方でした。仮にこれらすべてを達成して3.25%の金利がもらえたとしても、クレジットカードいすぎたり使ったり、調査せずにファンドを買って損したら本末転倒。注意しながら資産は増やしていきたいです。