SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

ベッキーやスマップやらで世間は忙しいけど裏では大変なことが起きている。

情報というものは時には命に関わるほど大切なもの。テレビやインターネットで垂れ流されている情報も「どう捕らえるか」によって見方が随分と変わってくる。こちらのツイートをご存知でしょうか?

xn--

【陰謀論?】「ベッキーやスマップには気をつけろ!マスコミが執拗に報道する時は、国民に知られたくない事が必ず裏で起きている」by 竹村健一

このツイートは非常に核心を突いています。昨今マスコミがベッキーだのスマップだの騒いでいますが、その裏では何が起こっているのか。独断と偏見で集めてみました。

日韓合意、北朝鮮水爆実験

ベッキー&スマップ報道は、日韓合意の記憶をできるだけ早く吹き飛ばすため、北朝鮮の水爆実験の話題から逸らすため、だったのかもしれません。

2016年1月6日09時59分54秒ごろに起きた、日本の気象庁は北緯41度6分 東経129度2分(北朝鮮北部)、深さ0kmを震源とするマグニチュード5.1の地震を観測した。2006年、2009年、2013年の核実験時の波形と似ており、核実験の可能性が指摘された。また、大韓民国気象庁は、人工地震とみられるマグニチュード4.3の揺れが観測されたと発表した。

北朝鮮の核実験 (2016年) - Wikipedia

なぜ、これらの話題を逸らす必要があるのか?マスコミはスポンサーである韓国のマイナスイメージのニュースをできるだけ隠したいから。詳細は、書くとキリがないので、以下を参照してください。

http://livedoor.blogimg.jp/livegems7799/imgs/f/0/f09300a3.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/livegems7799/imgs/f/0/f09300a3.jpg

上海総合指数暴落

これは隠せるような小さなニュースじゃないけど、ベッキー&スマップのために、気付きにくくなってりるニュース。

13日、上昇ぶりでスタートした中国の上海総合指数が、取引終了34分後に控えて2%以上急落し、3000台を割り込んだ。 前日比18.25ポイント(0.60%)の上昇で出発した上海総合指数は、2.42%下落した2949.60で取引を終えた。 上海総合指数が終値基準で3000台が崩れたのは、昨年8月末以降5ヵ月ぶりに初めてだ。 CSI 300指数は1.86%安の3155.88で取引を終えた。

「中国株価暴落!上海総合指数5ヵ月ぶりに3000の崩壊」 : 世界の憂鬱

しかし、ベッキーは日本の株価にも影響しているそう。知らなかった。

安倍総理 『年金運用 最大損失額21兆5000億円』(デマ)

これはデマ。年金の運用。低リスクの国債から、高リスクへ株価への比重を高める。リスクをとった場合の年間の最大の損失額の予想が21兆5000億。これを何処かの誰かさんが「安倍ちゃんが既に21兆5000億損失だしてる」と勘違いして拡散してしまったそう。

私たちの公的年金に21兆5000億円の損失が出ているという話がネットで広がっています。これはツイッターで拡散した人の誤解であり、本人も訂正し謝罪もしていますが、公的年金が2015年の7~9月期に約8兆円の運用損を出したのは事実です。

2015年4~6月期までは確かに順調な運用でしたが、7~9月期は中国ショックで日経平均は大幅に下落し、公的年金は約8兆円の損失を出す結果となりました。18兆円近くの利益を上げたあとの8兆円の損失ですから、トータルではプラスとなっています。しかし今年に入って日経平均は値を下げていますから、損失はさらに拡大しているかもしれません。

年金損失21兆円のデマ、本当のところどうなってる?

国家公務員、総理大臣の給与引き上げ

これは政府が最も隠したい内容だと思う。世間がベッキー、ベッキー、スマップ、スマップ騒いでいる間に、国家公務員の給与も、総理大臣の給与も上がることになりましよ。

一般職の公務員の給与引き上げには賛成、役職者の給与アップには反対」山本太郎議員は国民が貧困で苦しんでいるデータを挙げて、こんな状況で「国家公務員のお偉方の給料上げるの」と疑問を呈しました。しかし、結果は賛成多数で総理大臣の給料も上がることになりました。いかに今の与党が国民の方を向いていないかよくわかる結果です。

【2016年初質疑】山本太郎議員「国民が苦しんでいるのに総理大臣・国務大臣の給与引き上げはない。空気を読め」

自分の手で調べよう

上記の内容も自分がインターネットからとってきた内容なので、正しいかどうかは分かりません。ただ、どうでも良い芸能人のスキャンダルだけが誇張されて見えにくくなった情報である事は間違いない。

・韓国、北朝鮮はやりたい放題

・中国の風邪が各国に波及している

・この不景気でも年金運用はリスクを取る

・増税するけど総理大臣の給料は上がる

これが今の概ねの日本の現状だと思う。10年間のフィクションのドラマ「女王の教室」の一場面のセリフは、本当に今の世の中を物語ってる。

いい加減、目覚めなさい。

日本という国は、そういう特権階級の人たちが楽しく幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が安い給料で働き、高い税金を払うことで成り立っているんです。そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでるか知ってる?

今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。世の中の仕組みや不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら上司の言うことをおとなしく聞いて、戦争が始まったら、真っ先に危険なところへ行って戦ってくればいいの。

10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに

ISISの動向、ジャカルタのテロなど、まだまだ隠れている情報は沢山あると思います。子供も大人もテレビばかり見ていないで「一体いま世界で何が起こっているのか?」「どういう報道やニュースに注目すべきなのか?」しっかり考えるべきだと思う。それができなければ、ずっと「愚かな国民」のままなんだ。