読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

シンガポールの住宅の種類と家賃の目安。できるだけ家賃を安い物件を探す方法(その2)。

◆お役立ち ◆雑感


ご無沙汰しています。EPのリニューアルやら、PRの申請書類作成やら、その他諸々で、ブログ更新が随分とおざなりになっていました。

ようやく引っ越しが完了したので、このエントリーの続きを書こうと思います。

新しい物件のスペック

偉そうに物件探しについての記事を書いておきながら、自分がどんな物件に引っ越したのかについて秘密にしていては説得力がないので、自分が今回入居を決めた物件を紹介をします。今回引っ越したのはこんな感じの物件です。

f:id:xinsg:20161103173940j:image

  • 家賃:SGD600.00(全て込み)
  • 最寄り駅から徒歩10分
  • HDBのコモンルーム(半年前改装済)
  • 専用バスルーム
  • オーナーは独身ローカル(ミニマリスト)
  • 室内喫煙OK

「SGD600.00とか安すぎやろ」と思った方。底辺現地採用とは言いつつも一応EP取得安全圏内なので、多少の貯蓄をしつつSGD1500.00ぐらいのスタジオルームに住むこともできると思ったんですが、家賃で消耗するより貯蓄したい派なので、多少妥協しても家賃を抑えました。

今まではシンガポールの北西の最も地価が安いとされるエリアに住んでいたのですが、そのエリアから脱出しました。

今回の物件はオーナーと二人だけでシェア。且つそのオーナーが殆ど家にいないです。そのため以前のテナントが「So, it's just like your own house hahaha!」と言っていたのが決め手で、ここにしました。

オーナーが喫煙者なので、室内喫煙OKです。1年前の自分からしたら天国。しかし1年前から禁煙しているので自分にとっては毎日が誘惑との闘い。ですが、この状況下でもなんとか禁煙は成功しそうです。

安い物件の探し方

では本題の物件の探し方について。前回も触れた通り、ノンジャパニーズスピーカーのオーナーと直接交渉して、リーゾナブルなプライスで借りること。これがシンガポールで、お得な住宅探しのポイントでした。では、その手段として何を使うのか。

※注意点:ダイレクトオーナーの場合、トラブルに関することはすべて自分で処理しないといけないので、その点の覚悟は必要です。

フェイスブックのグループを使う

オーナーと直接連絡を取るプラットフォームとしてフェイスブックが使えると思いつきました。ご承知の通りシンガポールは住宅がべらぼうに高いため、外国人が血眼になって、少しでも条件の良い物件を探しているのです。そういった外国人をターゲットとしたフェイスブックグループも乱立しているんですよね。

フェイスブックの検索画面に「room rental singapore」などのキーワードで検索すると、大勢の人が参加しているグループが表示されます。

しかし、毎日多くの物件がアップロードされるので複数のグループに参加していたら、フェイスブックの通知が鬱陶しいほどきます。そして、参加人数もべらぼうに多いため、少しでも条件の良い物件がアップされたら質問の嵐になる。にも関わらずオーナーは一人しかいない。まさにグループ内が「優良物件獲得争奪戦」になる訳です。そして、結局売れ残る物件は、条件の悪いものばかりになるんですよね。

過去に、物件を探していたシンガポール在住の日本人女性に、この方法を教えた事があるのですが「実際にメッセージを送っても返事が来ないんだけど」と言われてしまいました。海外では優良テナントとして人気が高そうな日本女性でも、です。そう考えるとフェイブックは物件探しをするのに現実的ではなさそうです。

カルーセルアプリを使う

以前のエントリーでも触れましたが、シンガポールでぶっちぎりの人気を誇るフリマアプリの「カルーセル(Carousell)」。ユーザー数が増えると共に、アプリ内で取り扱えるカテゴリも凄い勢いで増えています。詳しくは前回記事を。

そして最近、とうとう「Property(不動産)」というカテゴリまで出来上がってしまいました。結果的に、今回はカルーセルを使って引っ越しました。

カルーセルでの物件の探し方

では実際に物件を探してみましょう。最も働いている人が多そうなタンジョンパガーに通えるような物件をSGD1,000.00で探してみよう。

カテゴリの「PROPERTY」を選択。

すると不動産だらけの情報に。SGD900.00で「Whole Unit For Rent」なんていう情報が。結果的に、これは国境近くの物件だったので、借りるには現実的ではないです。「CATEGORY/Property」を選択して、スクロールダウンします。

「Rentals」を選択します。

「tanjong pagar」とロケーションを入れてみましょう。すると、タンジョンパガー付近。というか厳密には、タンジョンパガーのワードが入っているリストが出てきます。

予算はSGD1,000.00まで。上のスクリーンの「SORT/FILTER」の部分をタップして、目安金額を入力しましょう。「SORT/FILTER」を「Lowest Price」にしても良いんですが、そうするとSGD0.00でリストされたエージェントのリストが大量に出てくるので面倒です。今回はSGD500.00~SGD1,000.00で検索を掛けることにしました。

そうすると、こんな感じでリストが出てきます。タンジョンパガーでこの価格は破格だ。と思われるかもしれないですが、タンジョンパガーではなく、チョンバル付近の物件が多いです。リストをアップしているアカウントは「ak.ngo」とあります。

察しの通り、この方はエージェントです。「ak.ngo」をタップして、このアカウントアップしている物件を見てみたのですが、アップしているアイテムは不動産ばかり。逆にアップしている不動産が1、2件なら、ダイレクトオーナーとなります。

タンジョンパガーで検索しても、この方がアップしている物件しか出てこないので「Tiong Bahru」で検索することにしました。そして、今回最終的に見つけた物件がこちら。SGD700.00のチョンバル物件。これをアップしているアカウントはエージェントではありませんでした。

チョンバル駅まで徒歩5分のハイフロア物件。料理は不可。エアコン付き、無料Wifi。女性テナントのみの募集ですが、ダイレクトオーナーなので、その辺は交渉すれば何とかなるかも。

掲載された時期とLikeの数は人気物件を見つける目安となります。人気物件でもカルーセルなら殆どの場合、返事がきちんと返ってきます。また相手のアカウントトップに入って、どんなものを出品しているかで、出品者の性別、年齢、子供の有無など、色々な特徴を調べることができるので便利です。

以上がカルーセルでの安い物件を探す具体的な方法となります。自分は、このようなノリで約2、3ヶ月ほど物件を探しつつ、4回ほどのビューイングを経て、今住んでいるところに決めました。

 引越し業者もカルーセルで手配

物件が決まってワンマンスノーティスを出して引越しの時期を迎えました。「引越し手伝うよ」と言ってくれる友人もいたのですが、どちらかというと物を持たない主義でそれほど荷物はない。とは言うものの一人で移動させるならタクシーで3往復ぐらいする必要がある荷物の量でした。

そこで試しにカルーセルで引越し業者を検索したところ、格安引越し業者が沢山ヒットしたので利用しました。結果的にSGD40.00、1時間以内で荷物の移動が完了して感動したので、どんな引越し業者を使ったのかも、後日時間があるときにアップしようと思います。