SINLOG

SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

ヒジャブ女子に繰り出されたクリティカルヒットが効き過ぎてヒジャブが危ういと思う。

ヒジャブという布をご存知だろうか。ヒジャブとは、アラビア語で「覆うもの」を 意味する単語で、いわゆるイスラム教徒の女性が頭に被る布のこと。一般的に色は黒と決まっているのだとか。

Hijab

イラク、イランなどの保守的な中東の国でこそ昔は強制だったらしいが、基本的に強制ではなく、着用するしないは女性の自由。ヒジャブを全く着けないイスラム女性もいるし、時と場合によって着けたり着けなかったりしているイスラム女性もいる。

シンガポールでは特に自由

以前インドネシアに旅行した時、ローカル女性(ムスリム)に現地を案内してもらったのだけど、その女性はヒジャブをつけていなかった。彼女曰く、家族やヒジャブを着けている友人の前ではヒジャブを着用する時もあるけど、外国人を案内する時にヒジャブをつけていると、少し引かれてしまうから着用しないのだとか。

インドネシアでさえそういう人がいるのだから、イスラム教徒への戒律がも少し緩いシンガポールでは本当に自由。ごくごく少数だけど、お酒も飲むし、ジャパニーズやらアンモーやらの彼氏を取っ替え引っ替えしているような、自由主義のイスラム女性の知り合いもいる。

farina01

だからこそ、そんなシンガポールでさえも、ヒジャブを着用している女性はかなり信仰心の強い部類のイスラム女性だと思う。

ヒジャブ女子

しかし、さいきん自分が認識し始めているのが、ヒジャブ着用の保守派とヒジャブ非着用派の自由派の中間なる人たち。ここ数年、様々な形や色をしたヒジャブが登場して最近はファッショナブルにヒジャブを着こなすのがブームなのだとか。そしてお洒落にヒジャブを着こなす女性は「ヒジャブ女子(Hijab Girs)」と呼ばれているらしい。

Hijab's Girl

Hijab

poto lawas... #hijab #hijabfashion #beauty #beautyfulhijab #model #modeling #modelindo #modelindonesia #modelhijab #modelhijabindonesia #fashion #fashionable #fashionista #indonesiangirl #indonesia_photography #beautifulindonesia #canoneos #sigmalens #kil

自分の勤務している会社にも、最近ヒジャブ女子が入社してきた。その同僚は会社では常にヒジャブを被っている。ある日、仕事が終わって帰ろうとしていた際に後ろを向くと、その同僚の姿が見えてツボにハマってしまった。彼女は、ヒジャブを被っているのに、やんちゃなジャンパーを着て、椅子の上にあぐらをかいて、お菓子をボリボリ食べながら、Youtubeを見てゲラゲラ笑いつつ仕事をしていたのだ。ここはネカフェじゃない、会社だ。真面目なスタッフじゃない自分も、そう心の中で叫ばざるを得なかった。

ある時ひょんな事からインスタグラムで、その同僚と友達になった。そして、彼女のインスタ写真を覗いてみたところ、なんとヒジャブを脱いで髪が露わになった状態の写真が盛り沢山だった。しかもヒジャブ脱いだ姿が、いつも目にしている着用時からは想像できないほど可愛くて、不謹慎ながら「むっちゃエロい!」と思ってしまった。

ヒジャブクリティカルヒットがヤバい

人間(特に雄)というものは、元来局部を見た時に興奮するのではなく、普段隠されている秘密の部分を見た時に興奮する生き物だと思う。基本的にシンガポールに住んでいる自分にとって、女性の生足、ブラジャーなんて、いつも目にしているので、見えたところであまり興奮しない。しかし以前、2カ月間ものあいだ日本に一時帰国してシンガポールに戻ってきた後MRT(電車)に乗ったときは興奮した。MRT内での生足、ブラジャーという(ここでは)日常の光景が、日本では隠されていたので、久しぶり過ぎたのだ。

イスラム教では、ヒジャブは「女性を守る」ためのものとされてる。男性は性的な誘惑に弱い生き物で、女性の身体のラインや肌は、男性を興奮させるもの。だから、ヒジャブで髪を隠して体のラインが出ない服装をする。その効果は、確かに絶大だと思う。かれこれ5年以上、街中でヒジャブ姿の女性を見かける生活をしているけど、未だかつてヒジャブ女性に萌えたことは1度もなかった。

しかし対象がある程度美人で、普段ヒジャブで頑なに隠されている髪の毛や首筋などが露わになった姿を見たときの衝撃といったら、たとえ非ムスリムの生足やブラジャーなど見飽きる生活をしたとしても計り知れない。危ういと思う。美人な中華系の生足やブラはボディブローのようにじわじわ効くけど、美人なムスリムの「ヒジャブオープン」は長年、念をため込んだ後のクリティカルパンチの如く効く。

「ヒジャブ」は女性を守るためにあるものなのに、見てはいけないものを見てしまった1部に対しては必要以上に興奮させてしまう。そんなヒジャブってめっちゃ危うくないか。そう思ったので、インスタグラムを開きつつ、このエントリーを書きました。