SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

シンガポールでおすすめのレストラン(貧乏人の自分でもリピートしてる店)をまとめてみる。

どうも、シンガポール在住の現地採用組で貧乏人のXin(しん)です。

人口約600万人足らず、面積は東京都23区や淡路島の同じ大きさ。観光地と言えば、マーライオン、マリーナベイサンズ、マリーナバラージ、クランジファームなどの人工物くらいしかないシンガポール。

基本的にやることない都市国家シンガポールでは「食うこと」が、楽しみのウェイトの大半を占める場合が多いです。その証拠にシンガポール在住者の、ほとんどのブログでレストランネタは欠かせません。

Teppanyaki Express

ありきたりな事が大嫌いな自分も、レストランネタは避けることができない。なので毎回レストランの記事を書くときは、「そこで一緒にいた友人とどんな会話したのか」「自分は何を思ったのか」も含めて書くようにしてます。そうする事で他の人には書けない、自分だけのオリジナルの記事ができあがるので。

ただそう心がけると、どうしても1記事=1レストランの投稿になってしまうんですよね。未だに友人とご飯に出かける時は「どに行こうか?」と迷ってぐぐる事も多いです。

しかし普通にぐぐると、やたらと情報量が多すぎるトリップアドバイザーのレストラン情報とか、有名すぎる観光地のレストランとか、馬鹿高すぎるフレンチ&イタリアン、などの情報しか出てこんのです。

ならいっそのこと備忘録も兼ねて、貧乏人の自分でもリピートしている、高すぎないレストランのリストを自分で作ってやろうと思い立ち、キーボードをパコパコしてます。

ほな行きまっせ!

シンガポールおすすめのレストラン(貧乏人用)

頻度が多い順にジャンル分けします。最も頻度が多いのは中華。次いでインド日本韓国タイローカル、その他諸々という感じです。ほな上の順番でまとめていきます。1部今まで書いた記事も張っておきますネ。普通に食べて飲んだ場合の1人分の予算(バジェット)も超主観で書いときます。

「行ったレストランのバジェットは書かんと参考にならんやろ!」がモットーなので。

 

中華料理

成都名小吃(Uniquely Chengdu)

ゲイランのいかがわしい系エリアにある店。基本的に辛い、とにかく辛い。そんでも美味い。辛いのが苦手でない人におすすめ。オススメは麻婆豆腐と茄子炒め。何故かGSTはチャージされない。そのため、オーダーしまくっても何故か「え、これだけ?」という費用になる。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20160710/20160710135535.jpg

東北人家 (Dong Bei Ren Jia)

日本人駐妻ご用達と噂のお店。毎回行くたび絶対に日本人客が2組ぐらいいる。くやしいけど美味い。シンガポールの中華でトップ5には入るのではないかなと思うくらい。しかも、そこそこリーゾナブル。オススメは餃子料理、茄子料理、拔丝地瓜(糸引きサツマイモ)。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161206/20161206201447.jpg

新嘉坡串焼工房(BBQ BOX)

コストパフォーマンスが良い。そこまで安くはないけど高くもない。特に青島ビールが安い。店も清潔感があって、そこら変を気にする人でも問題ない。切り詰めないといけないけど、ビールとつまみで楽しみたいという時におすすめ。しかし中には「全部同じ味付け過ぎる」という意見を持っている人も。それでも美味いです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20160802/20160802185620.jpg

富城美食(Fu Chan Food Paradise)

レストランじゃなくてホーカーだけど、ここは特別。右奥にある店の小籠包がとんでもなく美味い。餃子もいける。麺類のおすすめはダンプリング(餃子)ヌードル。これを「ドライ」と言ってオーダーすると、肉汁入りダンプリングヌードルが出てくる。やさしい味。「は京華小吃?なにそれって美味しいの?」と言いたくなるくらい美味い。唯一の難点は場所がジュローンイーストでとんでもなく遠いこと。

f:id:xinsg:20170217095830p:plain

 

インド料理

LAGNAA 

日本語のガイドブックにも載っているような有名なインドレストラン。それだけに予算は高いけど、味もさることながら2階の雰囲気が良いので挙げました。ここで絶対頼みたいのは、ある程度グレードの高いインドレストランしか置いてないキングフィッシャープレミアム。料理も基本できたてをサーブしてくれるので美味いです。しかし、くどいけど予算は高め。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161025/20161025083150.jpg

Jaggi's Northern Indian Cuisine

コストパフォーマンスが最高なインドレストラン。食事は作りたてではないけど一定のクオリティを保っている。ビールが置いてある綺麗めなインドレストランで最も予算が安く済むのではないかと思います。以前は別の場所にあったので、向かう際はロケーションに注意。

f:id:xinsg:20170218195256j:image

MADYA

基本インド人しか訪れないレストラン。インドレストランの中では高級な部類に入るけど酒類が特に高いので、食事だけなら安く抑えられるかも。興味津々で日本人が入ったら店員さんが凄く親切にしてくれる。エッグブルジーという自分の大好物がこの店には置いてなかったのだけど、その旨を伝えたら特別に作ってくれました。オススメはバターチキン。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20160730/20160730125926.jpg

Khansama Tandoori Restaurant

こちらもインドレストランにしては高級な部類に入る。LAGNAA同様、ここでも幻のビール、キングフィッシャープレミアムが注文できる。しかし、予算はLAGNAAより安く済む。恐らくここの売りはチキン系。チキンマサラもナンも格別。他の店では余りおいていないエッグブルジーもここではメニューに載ってます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161211/20161211121136.jpg

 

日本食

信屋(NobuYa)

シンガポールにあるオーセンティックな日本食をサーブするレストランは馬鹿高いところが多いのだけど、ここは唯一まともな価格で美味しい日本食を出してくれるレストラン。毎日メニューが変わる。白子も置いてある。ビールも安い。日本酒は少し高くなるけど、美味しいのでついつい頼んでしまう。いつでも予約でいっぱいの店。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161025/20161025083106.jpg

BAR IPPUDPO(一風堂)

言わずと知れた一風堂系列の飲み屋さん。そう、レストランというより飲み屋なのだけど、他に紹介したいジャパニーズレストランもなかったので。シンガポールの一風堂だから高級なのかと思いきや、思いのほかリーゾナブルな価格。具体的な価格は【バー】Bar Ippudo(←酒頼みすぎ?)が参考になる。色んな日本酒が楽しめる、おすすめ店。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20151210/20151210003147.jpg

 

韓国料理

Wang Dae Bak(ワン デ バク )Korean BBQ

在星韓国人や韓国好きシンガポール人がおすすめの韓国BBQ。珍しく食べ放題ではないコリアンBBQのお店。にも関わらず時間制限があるという人気ぶり?特性の鉄板で焼かれたはじっこの焼き卵(サイドディッシュ扱いの食べ放題)は格別。お肉も美味しい。しかし、安いとはいえないかも。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161025/20161025083356.jpg

Hyangtogol(ヒャンドゴル)Korean BBQ

このレストランに関する記事は書いてないし個人的に「値段の割にはそこまで美味いか?」と思うのだけど、フーディーな友達にやたらと連れて来させられるので客観的には格別美味いのだろう、という事で挙げておきます。タンジョンパガー付近のアマラホテルの2階にあるレストラン。安いとはいえないけど、サイドディッシュは豊富で、肉は確かに美味い(と思う)。

https://sgexpatlife.com/wp-content/uploads/2016/05/Hyangtogol-Korean-Restaurant-Amara-Hotel-Tanjong-Pagar-660x495.jpg

出典:Hyangtogol Korean Restaurant Review

DaeJon House/デジョンハウス(대전집)

クラークキーから歩いて数分のHavelook Ⅱ(ハベロックツー)の1階にあるお店。韓国系レストランであるにも関わらず珍しくBBQじゃない。おもちゃ、レコード、ポスターなど店内にグッズは全て韓国人店主が故郷から持ってきたもの。クラークキーにある割には値段はお一人様SGD10.00~SGD15.00と安め。海苔巻き上げ、キムチチジミなど、少し珍しい料理もおいてある。メニューが英語、中国語、日本語の三ヶ国語で書かれてるのも特徴。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20170226/20170226191147.jpg

 

タイ料理

BEERTHAI(ビアタイ) HOUSE RESTAURANT

国籍の如何を問わず、超美味いタイレストランとして有名すぎる店。確かに料理のクオリティは高く美味いけど、個人的には「そんなみんな絶賛するほど美味いか?」と思う。タイ人も美味いというのだから、きっとそうに違いないのだろう。しかし海老刺身だけは数あるシンガポールのタイレストランの中でも、ここでしか食べられない貴重な一品。ここに来たら海老刺身を頼むべし。べし。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161025/20161025082328.jpg

THAI TANTRIC(タイタントリック) RESTAURANT 

個人的にはビアタイよりも好きな店。エロいオーチャードタワーの中にあるからじゃない。料理が美味いから。特にこの店の「トムヤムフライドライス」は格別で中毒性がある。がしかし体には悪そうな味(笑)。しかもビールも料理もビアタイより少し高め。それでも尚、リピートしてしまう。別にオーチャードタワーの中にあるからじゃないってば。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20161025/20161025083514.jpg

 

ローカル

KOH GRILL & SUSHI BAR(コーグリル&スシバー)

一応日本食なのだけど、シンガポール風アレンジの日本食なのでローカル枠にしときます。ちょいと値は張るけど、この写真のような改良型カリフォルニアロール「シオッ巻き」がここの売り。バーナーで焦がされたマヨの風味が口の中でとろけてたまらん。食事時はローカルでごった返している。「シンガポール人てこういう味が好きなんだ」という参考にもなるような味。たぶんね。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20151220/20151220123532.jpg

Mellben Seafood/龍海鮮螃蟹王(メルベンシーフ―ド)

ローカルフードでも特別な時にしか食べないようなチリクラブですが。チリクラブと言えば、ジャンボやロングビーチなどをイメージしそうですが、あの辺は場所代が掛かってるので高杉です。その割には「めちゃ美味い」と思った記憶がない。風景、雰囲気を楽しみたいなら有名どころも良いと思うけど、味と価格で勝負なら、個人的にはメルベンです。ここのチリクラブを食べるなら「揚げパン」も必ずオーダーすべし。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20160104/20160104195431.jpg

Penang Seafood Restaurant(ペナン・シーフード・レストラン)

シンガポール在住男性の聖地ゲイラン、の最寄であるアルジューニッド駅前にあるペナン料理店(ずれてるけど一応ローカルカテゴリにしました)。妻子、彼女もちの男性も、このレストランを言い訳にしてゲイランに行っちゃったりして。冗談はさておき、この店のソルティーエッグ?(と言えばいいのだろうか)海老と、もやし炒めは格別。一度は訪れたい名店。たぶんね。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xinsg/20160418/20160418230750.jpg

 

以上、貧乏人の自分が物価の高いシンガポールでリピートしている店なので「せいぜい10件ぐらいだろう」と思っていたのですが、なんだかんだで17件もありました。

あくまで今回はジャンル「レストラン」のまとめです。チキンライスが美味しいブントンキーや、お手頃洋食ワインコネクションも良く行くのですが、これらは無理やりカテゴリ(ホーカーや飲み屋)にもできそうなので、今回はこの辺にしときます。

また新しい店みつけたら随時アップデートしていきます。