シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

「シンガポールお役立ちウェブ」ってそんなに凄いの?調べてみて既得権益サイトやと思ったのでPV数や収益を考えてみる。



どうも、最近シンガポール在住日本人のブログは、にほんブログ村(シンガポール情報)のランキングだけで評価される傾向があるなと思い、ランキングが上がるように少しだけカスタマイズしました、Xin(しん)です。

あるウェブ関係者の方から、シンガポールお役立ちウェブはめっちゃ稼いどる、という話を聞いて、いちアマチュアブロガーとして気になっていたので調べてみました。

シンガポールお役立ちウェブとは

先ず知らない人のために一応説明しときます。シンガポールお役立ちウェブとは、在シンガポール日本人の誰もが知る有名なクラシファイドサイト。住宅検索、求人検索、サークル検索から、ムフフなお友達検索まで、シンガポール日本人界隈の需要を手広くカバーしているウェブサイトです。

メインページは広告で埋まっているので「これのどこがお役立ちなんや!」と思われるかもしれませんがシンガポール在住日本人がよく使うのはこのボタンをクリックした後の。

f:id:xinsg:20170221133820p:plain

こんな感じ(http://www.singaweb.net/bbs/frame.html)の掲示板ページ。このページも広告満載ですが、実は自分も引越しのときは、あらゆる物件の日本人価格チェックしたり、求職中はどんな案件が出回っているのかチェックしたり。そんな風に使ったことがあります。

しかし毎回お役立ち掲示板のメインページを見るたび、広告ばかりで営業感丸出しやな、と思うんですよね。そんで調べた結果、とんでもない既得権益サイトやと思ったので、お粗末ながら調べた詳細を晒してやろうと思います(←性格悪い?)。

閲覧回数(PV)と報酬の目安

ブログでお金を稼いでいる人もそうですが、やはりビジネス用サイトで最も重視しないといけないのはPV(ページビュー)。一般的にいかにPVが多いかでそのサイトの価値が図られます。なぜならPVによって稼げるお金が随分とかわってくるから。

個人ブログで稼いでいる日本人の代名詞、イケダハヤト氏によれば、雑記系ブログのPV数と収益の関係性は以下の通り。

  • (最終更新日:2016.10.18)
  • 1万PV:〜1,000円
  • 5万PV:3,000〜10,000円
  • 10万PV:10,000〜50,000円
  • 20万PV:50,000〜100,000円
  • 30万PV:100,000〜150,000円
  • 40万PV:150,000〜200,000円
  • 50万PV:200,000〜250,000円
  • 100万PV:500,000〜750,000円
  • 150万PV:750,000〜1,250,000円
  • 200万PV:1,000,000〜2,500,000円
  • 250万PV:2,000,000〜3,000,000円

ブログの閲覧回数と報酬の関係。「収益早見表」を作ったよ。

収益源ほとんどはグーグルアドセンス一本ですが、当ブログも少しだけマネタイズをしていています。

先月ようやく約4万PVを達成して今月は5万PVを越す勢いなのですが、このデータは本当に的を得ていると思います。もうあり得ないくらい「ピッタンコやん」と言いたい。

これが、はてなアクセスカウンターでの当ブログのPV数。

f:id:xinsg:20170220183644p:plain

http://counter.hatena.ne.jp/

1月のアクセス数は47386。5倍も10倍も20倍も水増しするアメブロほどではないにせよ、自分でアクセスした分も含まれるので少し水増しされていると思います。

そして、こちらが他人のウェブサイトの閲覧数が確認できる、ウェブマーケティングに欠かせないツール「シミラーウェブ」での当ブログのアクセス数。

f:id:xinsg:20170220183135p:plain

https://www.similarweb.com/

アクセス数は3万7千。当ブログのアクセス数なんてこんなもんでしょう。ちなみにアクセスの9割は検索流入によるもので、ブログ村からのアクセスは1割未満です。一応SEOに気を使って記事は書いているけど、アクセスアップが目的(ならシンガポールだけのジャンルは選ばない)ではないし。タダの趣味ブログなので、シンガポールというニッチなテーマを扱っているブログとしては健闘している方と思いたい(どーでもいいか)。

ちなみにイケダハヤト氏のブログ「まだ東京で消耗してるの?」の月間アクセス数はシミラーウェブ上ではこんな感じ。

f:id:xinsg:20170221132733p:plain

 https://www.similarweb.com/

アクセス数230万。さすが有名人。これだけあれば何もしなくても生活できるレベルだと思います。

一般的にサイト運営でビジネスをするなら最低100万PVはないと難しいと思います。このシミラーウェブのアクセス数がいまいち信用できないという情報もちらほらあるのですが一応目安にはできると思うんですよね。

お役立ち掲示板のアクセス数はいくら?

じゃあ、稼いでいると噂の、お役立ちウェブのアクセス数はいったいどれぐらいなんでしょうか。噂によればこのサイトの利益だけで、在シンガポール日本人の一家族が飯を食えるとも聞いたことがあります。しかしシンガポール在住の日本人はたったの3万プラス。

シンガポール在住のみなさん、お役立ちウェブのアクセス数気になりません?

調べる前にお役立ちウェブの広告枠募集ページを見てみました。そこには何と!1ヶ月のPV(ページビュー)数が250万とあります。

f:id:xinsg:20170212040910p:plain

http://www.singaweb.net/ad_info/ 

すごい1日8万PV。イケダハヤト氏のブログ以上のPV。これはシンガポール在住日本人全員が毎日3PV見ている計算になります。グーグルアドセンスの広告だけでも毎月100万円以上は余裕で稼げるんじゃないでしょうか。

しかも、営業スタイルの1行目をみてみると「シンガポールお役立ちウェブは少数精鋭の省力運営を目指しています」なんて書いてます。イケダハヤト氏は1日3~5記事更新するらしいですが、お役立ちウェブは省エネです(というか単に更新サボってるのかな?)。

それでは見積もりは少なめにせよ、ある程度信頼できるPV数を教えてくれるシミラーウェブ先生にお役立ちウェブのアクセスを教えてもらいましょう。

これが月間250PVらしい、シンガポールお役立ちウェブの月間アクセス数です。

f:id:xinsg:20170221144542p:plain

https://www.similarweb.com/

え? ええ? えええ? 月間たったの3万PV?

さすがに10万PVはあるかなと思ったんですが、たったの3万PVやん。というかアクセス数がこれだけしかないのに、よく「月間250万ページビュー」なんて宣伝できるよな。PV数80倍も水増しさせて宣伝しとるやん。とうか当ブログよりアクセス少ないやん。

思わず素の関西弁が出てしまいましたが、たとえシミラーウェブの数字が正確なものでないにせよ、どうひっくり返っても、この結果からお役立ちウェブが250万PVなんてこと絶対ないだろう。

更新してなさ過ぎのページもちらほら

しかし他の宣伝ページを見てなんとなく気付いたことがあります。

例えばこのサイト紹介のページ。広告募集ページには月間250万PVとありましたが、ここではそれが月間8万アクセスとなっています。まだ倍以上水増しして宣伝されてますが、現実的な数字ではあります。

f:id:xinsg:20170212035234p:plain

http://www.singaweb.net/info/what.html

しかし「2004年6月現在」て10年以上も前の話。ある意味2004年には既に運営していたというのは凄いけど、それにしても情報が古すぎる。まあ、この時代に8万アクセスもあれば十分だったのかもしれないけど。

とにかく、がっつりビジネスしてる風に見える割りには更新してなさすぎ。「流石は省力運営。随分とラウズィ(怠惰)に運営しとるな」と思いました。しかし広告宣伝には力を入れています。

 シンガポールお役立ちウェブの収益を考えてみよう

「広告掲載・サービスのご案内」のページに広告を載せる際の料金が載ってました。具体的な料金はこんな感じ。ちなみに昨今1シンガポールドルは80円です。

トップページの広告費用

f:id:xinsg:20170212042516g:plain

http://www.singaweb.net/ad_info/bana/index2.html 

どうですか、高いと思いますか?シミラーウェブでの月間アクセス3万(多い月で5万くらい?)のサイト。しかも、このページは人気のある掲示板のページではなく、貪欲に広告ばかりが載せられた(メイン?)ページです。

こちらにも広告料がまとめられています。3ヶ月契約なのか、すべて3ヶ月での金額。どの広告もSGD500.00~SGD1,500.00です。ちなみに、ここには「約12万アクセス(1ヶ月)」と書かれてあります。

f:id:xinsg:20170212040235p:plain

f:id:xinsg:20170212042226p:plain

http://www.singaweb.net/ad_info/bana/index2.html 

仮にすべての広告枠にスポンサーがついたとして、このページだけでの収益を計算してみよう。上の金額をすべて足したらSGD7,850.00。3ヶ月にこの金額なので1ヶ月はSGD2,616.66(約20万円)。シンガポールのSPASSくらいの月収。

物価の高いシンガポールでは、さすがにこれだけでは家族は生活できない。安めの家族用コンドミニアムの丸1月分の家賃がぎりぎり払えるかどうか。一家族が食べていけるには、この3倍ぐらいの収入が欲しいところ。

掲示板ページの広告費用

しかし、これぐらいの収益で終わるお役立ちウェブではありません。最も人が集まると言っても過言ではない掲示板ページ。かくいう自分も何度かこのページにお世話になったことがあります。

f:id:xinsg:20170212043359p:plain

http://www.singaweb.net/bbs/frame.html

広告枠は掲示板トップスペース5枠(横に並んでるやつ)、サイドバースペースは13枠ありました。

f:id:xinsg:20170212043653p:plain

http://www.singaweb.net/ad_info/bana/index2.html 

仮に全スペース売れれば掲示板トップスペースでSGD900.00×5=SGD4,500.00。サイドスペースで(全て安めので計算)SGD500.00×13= SGD6,500.00。足してSGD11,000が3ヶ月分の収益となります。

なので一カ月分はSGD3,666.66。お!ハイスペックで若い人間がギリギリEP取れるかどうかぐらいの月収になりましたね。仮に全枠埋まればの話ですが。

街角情報PICKUP&街角情報掲示板&オシゴトサーチサーチ

その他にも「街角情報PICKUP」「街角情報掲示板」「オシゴトサーチサーチ」になるものに掲載するのにも、それぞれ以下のような費用が掛かってくるようです。

f:id:xinsg:20170212043839p:plain

http://www.singaweb.net/ad_info/bana/index2.html

話は変わりますが、うちの会社は日本人の募集がすごく下手くそで、日本語対応できる人を募集するのに四苦八苦していた時期があります。

それで当時一緒に働いていた日本人の先輩と「お役立ち掲示板を使おうか?」という話になったのですが、この求人掲載するのに金が掛かるというシステムのため断念した事があります(うちの会社では日本人はマイナーだから金の無駄)。

日本語対応できるポストは結局全てジャパニーズからジャパニーズスピーカーに入れ替わって、ジャパニーズネイティヴは自分一人というのが現在の状態です。

ずいぶんと脱線してしまいましたが僅かではあれ、お役立ちウェブはここからもマネタイズを図っているということでしょう。とはいえ、実際にここからどれぐらいの収益を挙げられているのか計算は難しいですね。

その他のマネタイズ

その他、お役立ちウェブはウェブサイト作成お役立ちグルメなるサービスもやっているそう。ウェブサイト作成についての費用はこんな感じ。これはまともな価格かな?

  • 初期製作料(5ページまで)&管理維持費 $ 1800~
  • 管理維持費(1年・5ページまで) $ 1200~

http://www.singaweb.net/ad_info/web/index.html

お役立ちグルメは、無料会員と有料会員の二つがあって、有料の場合でもSGD600.00で1年間掲載してくれるらしい。おっとこれは案外お得かもしれないですね(何気に宣伝してない?)。月間推定3~5万PVだけど。

お役立ち掲示板の収益のまとめ

現在のウェブサイトの様子を見る限り、トップページ広告は全て埋まっている。推定月SGD2,616.66

掲示板ページの広告の方は特に右サイドの「広告募集中」がちらほら(こっちの方が見に来る人多いと思うけど)。今のところ見る限り、トップスペース4枠(3ヶ月=SGD900.00×4)、サイドバースペース3枠(3ヶ月=SGD750.00×3)で、月SGD1950.00

街角情報PICKUPは実際にどこに、そのようなPICKUPが載っているのか確認できませんでした。それでも契約している企業はあるだろうから、月SGD500.00ぐらい加算してあげると考えて(←ここは超適当ですww)。

合計1ケ月 SGD2,616.66+SGD1950.00+SGD500.00=SGD5066.66(約40万円) となりましたうむ、現在のところは十分EP取れる月収です。やたらとサービス要求度が高い日本人の一家族が、これだけの収入で生活していくは難しいけど、慎ましくローカルチックな生活をするならやっていけなくはない収入。

ウェブサイトマネタイズの参考にはなるけど

イケダハヤト氏によれば月間5万PVのブログの収益は3,000〜10,000円。これはあくまで「コラム中心で雑多なテーマを扱う個人ブログ」としての収益ですが、お役立ちウェブは月3万~5万PVで40万円の収益はすごくない?

しかしサイトマネタイズの参考にはなるけど、受け取る広告費用は成果報酬ではなく固定報酬だから、実際のところスポンサー企業は、広告費用を払うだけの収益は出ているんだろうか。しかも、PV数を3~80倍も水増しして宣伝している。嘘は良くないよ。

アクセス数については実際にお役立ちページに2009年10月までのデータ(更新サボり過ぎというツッコミは止そうね!)が載っていましたが、情報のソースが不明で怪しいし根拠がない。2009年10月の時点で月間2,243,921アクセスもあるなんてどんな巨大サイトだよ。

今でもシンガポール在住の日本人なんて、せいぜい多く見積もっても4万人しかいないのに、みんなどれだけ「シンガポールお役立ちウェブ厨」だったんだよ。と思わされてならない。

また、ご利用者の声なるページもあるのだけど自作自演くさいぽい声で埋め尽くされている。普通こういったサイトにフィードバックなんて書くだろうか。このページはない方がイメージよいと思う。

役立ちウェブは良いサイトなのに

当初は「どのようにマネタイズしてるんだろう(半ば羨望のまなざし)」と気になって調べたのですが、余りにも無視できない事実が分かってしまいました。アップデートの頻度があまりにも少なかったり、宣伝の仕方があまりにも酷いです。

しかし「シンガポールお役立ちウェブ」は月間のアクセス数は少ないにせよ、その知名度から「シンガポールお役立ちすぎサイト」とか「シンガポールお役立ちかも掲示板」なんていう、似たような名前のサイトもできるぐらいの、昔から運営されている老舗サイトです。

だから「当サイトは月間3~5万PVですが、シンガポール在住の日本人は約3万人で、当サイト名で検索してやってくる在住日本人が数多くいて云々」みたいな書き方できるやん。何十倍もPV数を水増しして営業しなくても、ユーザーやお客さんに誠意を持って、こまめにサイトをアップデートしたり真実を伝えたりしながら、最新のシンガポールの情報を伝えて、営業していけるやん。

勢いあまって、またまた関西弁になってしまいましたが、適当運営していても2002年から運営してるから、お客さんがつく、スポンサーが維持できるなんて本当に既得権益サイトだなと思ったので、当ブログで取り扱う運びとなりました。

ちなみに運営会社名を調べて、そこから運営者の名前、経歴、会社社員数なども分かってしまったのですが、そんな事をここで晒したところで意味がないので、この辺りでお開きとします。シンガポールお役立ちウェブが、もっと誠意のある見やすい洗練されたサイトになることを願って止まないです。