SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴るシンガポール ブログ。

シンガポール中華料理店「老四川(チョンバル店)」の店内が子ども向けに生まれ変わり少し高級感が増していた。

どうも、ブログのネタは山ほどあるけど、あまり書く気が起こらないので、書きやすいレストランネタから書こうと思います、Xin(しん)です。

よく一緒に飯を食うフーディーな日本人の友達。新しい店開拓と称して、先日その友達とある中華料理店に行ってきました。店内の雰囲気と料理のクオリティがなかなかで「再訪ありやね!」という話になったので紹介します。

その店は、よくシンガポール界隈でお目に掛かる。

(旧)老四川(ラオ・スー・チャン)

カタカナのふりがなが如何にも中国語下手なジャパニーズそのものですが、店はチョンバルとアウトラムパークの真ん中付近にあります。

フランス人の友達も呼んで3人。当日は日曜日だったので予約はいらんやろうと思ったのですが、友達は営業職でどうも予約せな気乗りしない様子。予約を任せました。

そして先についたのですが店の前に来て衝撃の事実が。

f:id:xinsg:20171012142439j:image

閉まっとる (*´Д`) 。

予約した店が当日閉まっているだと。こんな事があっていいのか。間髪いれず予約した張本人に連絡。

f:id:xinsg:20171012145105j:image

グーグル様によれば住所は「249 Outram Rd, Lao Si Chuan Restaurant 老四川, Singapore 169048」とあったのですが、どうやら若干移動した様子。

この廃墟となった店の裏側まで歩くと、少しアタース(ATAS)な佇まいで新店がおりました。 

(新)老四川(チョンバル店)

正しくは(旧)老四川の裏側のこちらの面構え。予約はこちらからオンラインで可能。

f:id:xinsg:20171012142445j:image

  • 住所: 50 Tiong Bahru Road(ホテルの隣)168733 他にも2店舗ある
  • 電話:6222-9489、日時:10:30~-23:30
  • 予算:約SGD25.00~40.00

大量の来客に耐えるため、店を大きくして改装した様子。店の中は激しくエアコンが効いてて気持ちいい。笹とパンダが出迎えてくれた。

f:id:xinsg:20171012150034j:image

これは子どもがいれば喜んではしゃぎそうな店内。 子どもどころか嫁もいないし、彼女さえもいない自分でも、そう思ったのだから間違いない。

そしてオーダーは効率を重視したタブレット注文型。

f:id:xinsg:20171012150831j:image

f:id:xinsg:20171012150837j:image

f:id:xinsg:20171012150858j:image

利用者のニーズを良く分かってる。こういう先進的な技術にすぐに対応できる店は伸びしろがあると思う。株売ってたら購入したい。

価格帯は小(2〜3人前)でSGD6.00〜SGD9.00、大(4〜5人前)でSGD15.00〜SGD22.00といったところ。少し高級感のある店内だけど比較的リーゾナブルで安心。

とりあえずビールを注文。

f:id:xinsg:20171012142608j:image

一杯やりながら、何をオーダーするか悩んでいたのだが、我々には気になる事が一つあった。

テーブルにはパンダが座っている。

このパンダは何のためにいるんだろう

f:id:xinsg:20171012142454j:image

何やろうな?

差し込み口は普通の大きさのUSBサイズやからタブレットもスマホも充電できんよな

店の人に聞いてみたら?

ほんで若い店員さんに聞いてみたところ「知らん!社長が買ってきただけ!」との返事が返ってきました。客に媚びないその態度が好きだ。

意味のない置物だという事が判明したのですっきりした。

注文したメシ 

この日の夜は、久しぶりに会うフランス人の友達が、実は株式投資をしていて、仮想通貨も最近購入したということで、そっち系の話で大いに話が盛り上がった。

シンガポールで仮想通貨の購入というとCoinhakoやCoinbaseが有名だが、その友達はKrakenで取引を始めたらしい。「日本でも使えるんだぜ!」という事でQUOINEXもも猛烈に勧めてくる。 

しかし、最近はシンガポールのビットコインエージェント最大手のCoinhakoのDBS銀行口座がクローズされたりとかで、シンガポールでの仮想通貨取引は慎重にならざるを得ない。

特に取引者が外国人(EPやSpass保持者)なら尚更だと思う。まあ、その話はさておき注文したメシなんかを紹介します。

ガーリックソース茄子。甘めの味付けで美味い。

f:id:xinsg:20171012142514j:image

麻婆豆腐。美味しいですが味は成都名小吃東北人家には負けます。

f:id:xinsg:20171012142523j:image

カンポンチキンのチリソース和え。さっぱりしていて美味しい。しかし辛い。

f:id:xinsg:20171012142545j:image

四川パンケーキ。デザート用に注文しました。

f:id:xinsg:20171012142556j:image

茄子も麻婆豆腐も、よく行く二店には劣るなという感じでした。しかし、この店で最もおすすめしたいのは、デザートとして頼む四川パンケーキ。

ジャパニーズ二匹とフレンチ一匹という胡散臭いおっさん三人で食べていたのですが、ガラにもなく四川パンケーキをお替りしてしまいました。

お会計とまとめ

そんな訳で、ぎりぎり当ブログで紹介したいなと思い、カキカキしている本投稿。シンガポール中華料理店「老四川(チョンバル店)」の紹介。

この店自体は、チャイナタウンやドビーゴートのエリアにもあるんですが、特にチョンバルのそれは店が新しくて広い。デザートで注文した「四川パンケーキ」も思いの他美味いです。

おすすめ度が高いにも関わらず、日曜の夜でも空席がかなりありました。週末の夜は中華が良いけれど、成都名小吃は卑猥なゲイランにあるから行きにくい。東北人家はみんなKIASU過ぎて待つのがつらい。小さい子どもおる。

今回紹介した「老四川(チョンバル店)」は、そんな人にうってつけの店だと思います。