SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、投資、日々の生活など気ままに書き綴ります。

海外在住者も歓迎?最近流行り出しているポイントサイト「Hapitas(ハピタス)」。日本の電話番号のSMS認証が不要になってた。

どうも、シンガポール在住の現地採用貧民ブロガーのXin(しん)です。

シンガポールネタよりライフハック系記事の方が多いなと思う今日このごろ。一応ブログを読んでくれる人の目を意識している感じではありますが、自分としてのスタンスは・・・

「好きな時に、好きな様に、好きな事を書く」

感じで運営しています。ブログは自分にとっては自己満足。そう割り切ってるから、ストレスフリーに続けていられるのかな?と思ってます。

ポイントサイトがヤヤコイ

ここ数ヶ月、ワードプレスやはてなブログで運営されている、海外在住者の方のブログを読んでて、気づいた事がある。

「最近はハピタスというポイントが流行っとるの?」

ポイントサイトと言えば、真っ先思い浮かぶのは「げん玉」「モッピー」などである。

今はIDもパスワードも忘れたけど、日本にいた頃そういったサイトにアカウント登録して試そうとした事がある。

だけど、サイト内がごちゃごちゃしていて、労力の割には小銭程度しか稼げそうにないし、社会貢献度ゼロでモチベーションもあがらん。という事で「こりゃ良くないわ」と興味が持てなかった。

ハピタスのユーザビリティが良し

しかしである。最近目にする機会が多いハピタスのインタフェースを見たとき思ったのである。

「デザインすっきりしてて洗練されてない?」と。

f:id:xinsg:20171215232227j:image

アカウント登録もSNS利用してできるみたい。ユーザーの事よくわかってる。

f:id:xinsg:20171215232342j:image

この「ハピタス」というサイト、オズビジョンという雄々しい名前の株式会社が運営していて、2012年10月までは「ドル箱」という名前のポイントサイトだったそう。そんで同年11月に「ハピタス」という名前にリニューアルしたらしい。

名前はダサいけど、インターフェースがシンプルで使いやすそう。これなら続けられそうだとアカウント登録を試みた。しかし、いきなり躓いた。

日本番号SMS認証が必須か・・・

お決まりのやつである。日本が好きなやつ、日本の電話番号認証である。よくグローバルに展開している企業のサービス(LINE、Whatsapp、Facebook)なども電話認証があるけど、在住している国の番号でよかったりする。

しかし日本は彼らとは違う生き物を排斥したがる国だ。集団に埋没しない人を除け者にし、時には意図的に虐めることもある。日系企業オズビジョンが運営するハピタスについても例外ではなく、海外在住者には冷たい。

過去には海外からサイトにアクセスできなかったこともありーの、規約には「は?海外在住者?知るかボケ使うな!面倒くせーんだよ!」的な事が明記されている。

当サイトのサービスは、日本国内での利用に対してのみ提供することを前提とし、海外からのアクセスに対してサービスが提供されている場合であっても、海外からのアクセスを原因として会員に生じた損害、損失等について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

ハピタス利用規約 |

いつもなら、もう「じゃ使ってやんねーよ、ボケ!海外対応できずオワコンになればいい」と諦めるのだけど、何となくハピタス登録に対する執念はねちっこく。SMS認証だけ日本に住んでる友達の番号を借りて作るかというセコい方法を試みた。

しかし、無慈悲にも断られてしまったのだ。 f:id:xinsg:20171225150033j:image

「登録されちゃうのは難しいわ」だそうだ。そりゃそうだろう。こんな阿呆な依頼をした自分が悪い。

そんな訳で何か別の手を検索。結果「SMARTalk」という無料でIP電話番号を取得できるサービスを駆使して何とか登録できた。

「よし、やり方は分かった。SMARTalkを使ったハピタスの登録方法を記事にでもしてやろう」

と思ったのが数週間前の話。そして、いざ登録方法を紹介するため、改めてアカウント登録をスマホから試みた。

そこで衝撃的事実に気づいてしまったのだ。

「SMS認証が不要になってる!」

スマートフォンで、Yahoo、Facebook、Gmailなどのアカウント経由で登録することにより、SMS認証なしにサクッと登録できてしまったのだ。

Hapitas(ハピタス)登録方法

そんな訳で日本の電話番号でのSMS認証が不要になった、新しいハピタスの登録方法を紹介したいと思います。

ちなみに、この方法はスマホからのみで、パソコンからだと未だにSMS認証を求められます。必ずスマホを用意しよう。

1.スマホのブラウザでハピタスにアクセスする

f:id:xinsg:20171225151418j:image

見ての通り筆者はクロームブラウザを使用。緑の 「新規会員登録(無料)はこちら」をタップする。

2.アカウントを選択

f:id:xinsg:20171225151519j:image

これらのうちから選択

  • Yahooアカウントを使って登録
  • Facebookアカウントを使って登録
  • Googleアカウントを使って登録

Googleアカウントを利用した場合「gmailからアクセス許可しちゃって良い?」的な画面へ。許可すると会員情報入力画面へ飛びます。

3.会員情報を入力する

f:id:xinsg:20171226080628j:image

以下の 会員情報の入力を求められました。

  • メールアドレス(確認のみ)
  • 性別
  • お住いの都道府県(日本の実家を入力)
  • 生年月日
  • ご職業
  • 家族構成
  • ニックネーム
  • パスワード
  • メルマガの購読の有無(選択式)
  • 個人情報や利用規約についての同意

そして「入力完了(登録内容を確認する)」のボタンをタップ・・・すると

4.会員登録が・・・

f:id:xinsg:20171225162139j:image

いきなり完了してしまったのである。唖然とした。電話番号入力のプロセスもなかった。ハピタス、オスビジョン・・・一体どうしたの?

海外在住者が登録して得なの?

このハピタスと呼ばれるポイントサイト、名前はダサいが何が良いのかというと、他のサービスに比べて圧倒的に貰えるポイントが高いのだ。

よくある「楽天カード」「アメリカンエクスプレス」などのクレジットカード作れば現金に交換可能なポイントがもらえるで!というやつである。

且つハピタスにおいては、あなたが紹介した人がもしポイントをゲットするアクションを起こしたら・・・

その金額のうちの10%~40%があなたにも入るよ。取り合いじゃなくて、ハピタス運営者がくれるポイントだよ。いいでしょ?

・・・とまあこんな感じのポイントサイトなのだ。

とはいえ、海外在住者(ユダ)の我々にとっては、日本側は滅多にジャパン在住者用サービスを使わせてくれないのが現状だろう。

こういう類のポイントサイトで圧倒的にポイントがもらえるアクションはクレジットカード作成や銀行口座の開設。しかし海外在住者は基本的にクレジットカードは作らせてもらえないし、もちろん銀行口座の開設も不可。昨今はマイナンバーを持ってなかったら尚更だ。

そのため、ポイントサイトに登録したところで、ひたすら日本在住者対象に紹介者を増やす活動に没頭する必要がある。

シンガポールに住んでて、そんなみみっちい事をするぐらいなら、転職でもした方がお金貯まるのではないかと思う。自分も当初はそう思って、ハピタスなぞ海外在住者には意味がない!と思っていた。

そもそも運営が「海外在住者は使うんじゃねボケ」と言っているし。

海外在住者だから絶対にお世話になるサービス

しかし、よくよく考えてみたら、海外在住者だからこそ頻繁に使うサービスがあるじゃないか。遅まきながら気づいて検索してみた。

自分が最も旅行の際にお世話になっているエクスペディア

f:id:xinsg:20171225165034j:image

エクスペィアの価格と比較する対象であるアゴダ。

f:id:xinsg:20171225165047j:image

念のため一応価格チェックしちゃうブッキング・ドット・コム

f:id:xinsg:20171225165059j:image

案の定このような結果になったので、これらの旅行サイトよく使う人は、ハピタス経由でサービス利用してみるのが良いかもしれない。

他にも良いポイントサイトあるんでは?

しかしサービス大国日本には、腐るほどポイントサイトがある。ハピタスが最もお得なのか?という事が疑わしいと思う人もいるかもしれない。

現に、どこの会社も「うちの方がポイント高いでっせ!ええでっせ!」と競っているのだ。そこで、あらゆるポイントサイトをググってみた。結果、どう見ても2大優良サイト「ハピタス VS モッピー」という構図が明らかに多い。

海外在住者として両者の違いと纏めてみるとこうなった。

  ハピタス(Hapitas) モッピー(Moppy)
ポイント 1P=1円 1P=1円
ポイント支給日 翌月5日 翌日
友達紹介プレゼント 100P 300P
ランクアップ あり なし
振込手数料 無料 30円~
最低換金額 300P 300P
SMS認証 スマホからなら不要 必須
ポイント有効期限 一年ログインがないと失効 半年ログインがないと失効

貰えるポイントという点においては、若干ハピタスよりもモッピーの方が優れている感がある。

しかし、一年間ログインなくても失効しない点、振込手数料が無料である点、特にSMS認証が不要である点、インタフェースがシンプルで使いやすい点。

これらの点を加味すると、明らかに海外在住者にとってはハピタスの方が向いているように感じる。そんな訳で自分はハピタス絶賛利用中なわけである。

ちなみにウェブサイトやブログを所有している人は、普通にハピタスに登録するより、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の代表格A8ネットに登録してから、セルフバックで登録すると良いかもしれない。

以下のように自身で登録することで300円もらえるから。

f:id:xinsg:20171226030237p:plain

A8ネット

ちなみにA8ネットの最低換金ポイントは1,000円。案件が糞沢山あるので面倒くさがりじゃない人なら直ぐに1,000ポイント貯まると思う。

あるいは今なら年末年始の「友達紹介de1,000ptキャンペーン」なるものをやっているので、そっちを利用する方と良いかも。紹介するの面倒かもしれんけど。条件はこんな感じ。紹介されたほうも1000pt貰えます。

  • 期間:2017年12月18日(月)12:00~2018年1月18日(木)23:59
  • 条件:紹介された人が2018年3月31日までに300ポイント以上を交換
  • 特典プレゼント時期:2018年4月15日以降順次付与
  • 特典プレゼント内容:ハピタスポイント1,000円相当

このリンクから登録すれば対象となります。ぶっちゃけ何処のリンクからでもOKだけど。

自分でエクスペディアやアゴダを使う経由アプリとしてハピタスに登録するか。今後誰かに紹介することをも視野に入れてA8ネットに登録するか。ポイントサイトなんてそんなみみっちいことやってらんねと傍観するか。人それぞれ。

以前に紹介したシンガポール発のShopBack、だいぶん使い慣れてきたので、次回旅行する時はハピタス経由でエクスペディアを使ってやろうかと目論んでいます。