SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、投資、日々の生活など気ままに書き綴ります。

シンガポールのチャンギ空港の新施設「Jewel(ジュエル)」を内覧したので感想などを書いてみる

どうも、シンガポール在住の独身、底辺現地採用のXin(しん)です。

2017年4月17日にオープン予定のシンガポールのチャンギ空港の新施設「Jewel(ジュエル)」の内覧に行ってきました。

昨日いきなり外資系銀行で働くシンガポール人の友人より、投資系グループチャットで下記のようなメッセージを受信。

f:id:xinsg:20190414125754j:image

ジュエルチャンギの内覧チケット3つ余っとるから興味あるなら教えてくれ…とのこと。そういえばシンガポールに新しいターミナルだか何だかできると聞いていたが、そのことか。

Jewel(ジュエル)@チャンギ空港とは

Jewel(ジュエル)…エヴァンゲリオンの使徒にいそうな名前。

いかにも中二病的なイメージだと思いつつジュエルを検索。ウィキペディアには以下のように記されておりました。

Jewel(ジュエル)は、2019年4月にオープンする、シンガポールのチャンギ空港の多目的施設。 庭園・アトラクション・ホテル・航空施設・300の小売店やダイニング施設が入っている。地上5階建・地下5階建ての10階建で総床面積134,000㎡をにもなる。 アトラクションには、世界最大の屋内滝「Rain Vortex」、 5階建ての屋内庭園「Forest Valley」、最上階の庭園・レジャー施設を備えた「Canopy Park」も含む。

Jewel Changi Airport - Wikipedia

つまりチャンギ空港のマーケティング目的の新施設。自然と一体化しとる新しい商業施設=ショッピングモールということだろう。位置はターミナル1の真ん前。

f:id:xinsg:20190414150745j:plain

シンガポールのように人口の少ない都市は、国外からの需要をふんだんに誘致して、外国人にお金を落とさせるのがベスト。

「滝あり大型施設内庭園」という話題でのマーケティング効果で外国人を誘致し、施設内の約300の小売店&レストランで経済効果をせしめる。

なるほど金儲け得意の実利主義のシンガポールらしい。また「金の成る木」を作ったのか、と思わされました。

入場チケットはオンライン制

興味あるチケット欲しい…と伝えると友人からチケットがWhatsapp経由で送られてきました。

f:id:xinsg:20190414125812j:image

チケットはオンラインのQRコード、併せて以下のようなインストラクションも受信。

f:id:xinsg:20190414125942j:image

そういや、シンガポールの第4ターミナルの内覧時も、こんな風にオンラインチケットで入場する…と見た事があるような気がする。

とにかく気軽にWhatsapp経由で友人にチケット配布できるのは便利。かくして同じくチケットを貰った友人と一緒にチャンギ空港へ。

チャンギ空港│旅行鞄を持たない行列

チャンギ空港に着くと明らかに同じ目的で来たと思しき人々の列が。逆に普通の旅行客がいない。

f:id:xinsg:20190414133012j:plain
ご丁寧にJewel(ジュエル)内覧の案内もありました。案内に沿ってジュエルへ向かいます。

f:id:xinsg:20190414133137j:plain
この辺りまで友人と「チケットいらなんじゃね?」と言い合ってたのですが、下の写真の辺りをまっすぐ進んだところで、チケット提示。

f:id:xinsg:20190414133158j:plain

QRコードをかざせば難なく進むことができました。

f:id:xinsg:20190414133218j:plain

専用通路を渡っていざジュエル入口へ。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイと同じくファイナルファンタジー7のイメージです。

f:id:xinsg:20190414133259j:plain

たぶん周りの人々はみんなシンガポール人ばかり。

シンガポール国内で多くの人口を占める中国人、インド人、マレーシア人もほとんどいない。シンガポール人ばかりなオーラを感じました。

世界最大の屋内滝「Rain Vortex」

 このまま真っすぐ進んで見えてくるのが、施設ど真ん中の大きな滝「Rain Vortex(レイン・ボルテックス)」。FF7(ファイナルファンタジー7)の敵にいそうな名前。雰囲気もまさにFF7のセーブポイントでした。

f:id:xinsg:20190414133329j:plain

f:id:xinsg:20190414133726j:plain

f:id:xinsg:20190414133340j:plain

「Rain Vortex」とぐぐると「HSBC Rain Vortex」と検索結果に出てきました。きっとHSBCの金で作った滝なんでしょう。

屋内庭園「Forest Valley」

既に屋内滝を囲っている森が屋内庭園「Forest Valley」。同様にぐぐると「Shiseido Forest Valley」と出てきました。

f:id:xinsg:20190414133741j:plain

我が国の化粧品製造&販売業者「資生堂(Shiseido)」のお金でできた森。壮大な感じで、美しい花も沢山ありました。

最上階の庭園・レジャー施設「Canopy Park」

最上階ではどこかの音楽学校の学生?と思しき人々が太鼓を演奏してました。

f:id:xinsg:20190414133812j:plain

この辺りにはレストランが沢山あって、自然に囲まれながら食事をしたりタイガービールを飲んでいる人が多かったです。

f:id:xinsg:20190414133820j:plain

「Canopy Park」のメインと思しき最上階の自然アトラクションに行こうとしたんですが、長蛇の列が。

f:id:xinsg:20190414133855j:plain

偶然チケットを貰っただけの底辺現地採用ジャパニーズが、本場シンガポール人のキアス(Kiasu)に対抗できる訳がない。16時~19時までの時間制限もあったので「Canopy Park」は諦めました。

ちなみに、この先を進むと以下のようなアトラクションが楽しめたようです。

  1. キャノピー橋(Canopy Bridge)
  2. バウンシングネット(Bouncing Net)
  3. ウォーキングネット(Walking Net)
  4. ヘッジ迷路(Hedge Maze)
  5. ミラー迷路(Mirror Maze)
  6. ディスカバリー・スライド(Discovery Slides)
  7. 霧ボール(Foggy Bowls)
  8. 刈り込みウォーク(Topiary Walk)
  9. 花びら庭園(Petal Garden)

詳しくは下記のジュエル チャンギ空港の公式サイトを参照してください。

Canopy Park - Jewel Changi Airport

Jewel(ジュエル)内の小売店&レストラン

「Canpopy Parkは楽しめなかったけど、代わりにカナダ大麻株の筆頭Canopy Growthの株を買ってキャピタルゲインを楽しもう!」

同じくプチ投資家である一緒にやってきた友人(日本人)とそんな事を話しつつ階下のショッピングモールを楽しみました。

小売店やレストランが約300あるそうなので、全てを写真に収めることは不可能ですが、回った感覚としては、レストランは日系店が多い印象。

f:id:xinsg:20190414134009j:plain

f:id:xinsg:20190414134016j:plain

f:id:xinsg:20190414134047j:plain

東急ハンズの自己主張が半端なかったです。

f:id:xinsg:20190414134032j:plain

北米のバーガー専門店の「シェイクシャック Shake Shack」は東南アジアの第一号店らしいです。

f:id:xinsg:20190414134027j:plain

シンガポールの高齢者には未だにポケモンGOが人気。ポケモン専門店もありました。

f:id:xinsg:20190414133909j:plain

f:id:xinsg:20190414133921j:plain

その他(仮想体験、アーリーチェックイン等)

モールの一角に仮想体験ができる「Changi Experice Studio」という空間もありました。

f:id:xinsg:20190414133929j:plain

f:id:xinsg:20190414133935j:plain

f:id:xinsg:20190414133951j:plain

フライト時のアーリーチェックイン用の機械もありました。

f:id:xinsg:20190414134057j:plain

アーリーチェックインは少なくとも3時間前には済ませておけ、1時間前にはターミナルに到着しておけ、とのこと。

f:id:xinsg:20190414134106j:plain

以下の航空会社がアーリーチェックインの対象なようです。

f:id:xinsg:20190414170745j:plain

その他も撮りためた写真は山ほどあるのですが、キリがないのでこの辺にしときます。

一緒に来た友人は、この時間制限付き公開前施設内の「ユニクロ」で、ひたすら時間を使って服を選んでいました(笑)

大型施設「Jewel(ジュエル)」の感想

f:id:xinsg:20190414134020j:plain

何の番組かは忘れたけど、小さいころ「21世紀はこうなる」という世界をテレビで観た気がする。

今回訪れたジュエルは、名前・滝・施設デザインなどが中二病的なイメージだけど、自然・商業・バーチャルの世界が融合した世界で、自分が小さい頃にテレビで観た「あの世界」に近いと感じた。同時に「シンガポールはやっぱりビジネスが上手い」と感じた。

日本も人口が少なくて経済的に不安なのであれば、増税などで国民からお金を徴収するのではなく、カジノや今回のジュエルのような「全世界にいる外国人にお金を落とさせるハコ」を作って儲ければいいじゃないかなと感じた。

国内からいくらお金を取ろうとしても人口減で需要は頭打ち。競争ばかりが激しくなって、国内の労働者は疲弊していく。

だけど労働者は国内にいても、ネットや観光業を通して全世界の客を相手にするビジネスモデルなら国内の人口なんて関係ない。必要なサービスなら、適当な仕事をしていようが客はつくもんだ。しっかり給料は貰えてる(=高い訳じゃない)けど、適当に仕事している自分は尚更そう思った。

今回、自分と同じくチケットを貰ってジュエルに向かった友人のブログはこちら。良ければこちらも参照ください。

1031vagabond.com