オススメ記事一覧

【オススメ証券会社・投資商品】かんたん&かしこい株式投資のはじめかた。

おすすめ

結論から言うと、株式投資初心者は、SBI証券楽天証券VTという全世界株の上場投資信託(ETF)を買うのが最適解です。

その理由を、2000文字程度で説明します。

スマホ契約は店頭より、ネット経由のほうが安くなる。投資も銀行窓口で行うより、ネット経由が断然やすいです。

どんなサービスでも店頭や窓口で行うと、担当者の手間が掛かるで、ネット完結できるなら極力ネット契約すべし。

これは投資家にとって最も基本的な考え方です。

投資のはじめかた

投資は難しいイメージからか「誰かに頼りたい」と思う人が多いです。

しかし、くどいですが窓口の担当者に頼ると、手数料の高い投資信託・投資保険など、割高商品を勧められます。

複雑そうに見える投資商品の大半は、やってる事はすべて同じ。それは株の購入です。

国債・社債などの債権を組み入れてる商品もありますが、利回りの高い魅力的な商品ほど株式を組み込んでいるはずです。

なのでネット証券口座を開設し、オンラインで株(ETF)を購入すれば、誰でもスマートに投資をはじめられます。

投資におけるNG行為

初心者にとって投資のNG行為は、銀行・保険会社などの窓口での商品購入です。

投資信託には、購入手数料と運営手数料が掛かりますが、100万円投資して運営手数料が1~3%掛かると考えると、負担はこんな感じです。

手数料 年負担
1% 1万円
2% 2万円
3% 3万円

投資信託で運営手数料1%以上は、高額です。

投資商品を買うときは、手数料の安い商品を選ぶ。これは食事の前に手を洗うくらい当たり前のこと。

自分もETF(上場投資信託)に複数投資してますが、手数料が最も高いので0.75%です。

年1%の投資商品なんて株式投資家には見向きもされません。1缶1,000円の缶ジュースを買うようなものです。

投資オススメ商品(ETF)

株は倒産リスクがあるので危険と言われますよね。

しかし、ネット証券で買える、ETF(上場投資信託/株まとめ買いパック)なら倒産リスクは有りません。

ETFの種類は沢山ありますが、オススメは次の3種です。

投資対象 年間手数料 配当
VT 約8000社(全世界) 0.08% 約1.50%
VTI 約4000社(米国) 0.03% 約1.00%
VOO 約500社(米国上位) 0.03% 約1.30%

VT

正式名称はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF、世界の約8,000以上の会社に投資しているバンガード社運営のETFです。

投資家に人気のGAFAMやテスラといった企業はもちろん、BATHと呼ばれる中国の大企業にも分散投資しています。

一言で言うなら「世界中の会社に投資しているまとめ買いパック」です。

VTI

正式名称はバンガード・トータル・ストック・マーケットETF、アメリカの3,600以上の会社に投資しているバンガード社運営のETFです。

先進国であるアメリカのみに投資しているため、VTよりもGAFAMなどでの大企業への投資比率が高いです。

とはいえ世界最大の経済大国アメリカに投資するということは、ほとんど世界中に投資しているのと同義と言えます。

VOO

VOOの正式名称はバンガード・S&P500 ETF、米国市場の代表的なインデックスであるS&P500に投資しているバンガード社運営のETFです。

VTIは米国株全てに投資するイメージですが、VOOは米国株の中でもS&P500に採用された優良企業500社で構成されたETFと言えます。

GAFAMを代表するIT企業や、その他のアメリカの大企業のみに投資するETFという事ですね。

その他銘柄

先に紹介した3銘柄は、売買差益を期待するための典型的な銘柄ですが、投資界隈では高配当ETFも人気です。

配当年利3~4%を狙える正統派の高配当ETFには、次のようなものがあります。

  • VYM:バンガード・米国高配当株式ETF
  • HDV:iシェアーズ・コア米国高配当株ETF
  • SPYD:SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF

配当年利9~12%を狙えるオプション取引を利用した新しいETFには、次のようなものがあります。

  • JEPI:JPMorgan Equity Premium Income ETF
  • JEPQ:JPMorgan Nasdaq Equity Premium Income ETF
  • XYLD:Global X Funds Global X S&P 500 Covered Call ETF
  • QYLD:Global X NASDAQ-100 Covered Call ETF

興味がある方はCNBCアプリをインストールして、これらのETFの配当(dividends)をチェックしてみてください。

CNBC: Breaking Business News & Live Market Data

CNBC: Breaking Business News & Live Market Data

無料posted withアプリーチ

国内オススメ証券口座

スマートな投資の始め方は、ネット証券口座を開設し、VT・VTI・VOOなどのETFを買うことです。

日本国内で断トツで人気なオススメ証券会社は以下です。

SBI証券

  • 口座開設数1位
  • IPO取扱銘柄数1位
  • 月100円から積立投資可能
  • 米国株取引の最低手数料0円

SBI証券は国内の証券口座開設数1位の証券会社です。

NISAやiDeco等の非課税口座にも対応してますし、資産運用するなら避けては通れない米国株(ETF)の最低手数料が0円から。

どの証券会社にするか迷ったらSBI証券をオススメします。

楽天証券

  • 100万円まで手数料が無料
  • 楽天ポイントで投資できる
  • 楽天カード決済でポイントが貯まる
  • 専用アプリ「iSpeed」が使いやすい

楽天証券は国内の証券口座開設数2位の証券会社です。

NISAやiDeco等の非課税口座にも対応してますし、楽天ポイントで投資できたり、楽天カード決済の投資でポイントを貯めることができます。

楽天経済圏の人は、迷わず開設すべき証券口座です。

SBI証券 VS 楽天証券

両者のその他事項をまとめました。

SBI証券 楽天証券
国内株取引手数料 10万円 99円 99円
50万円 275円 275円
100万円 535円 535円
米国株取引手数料 0.45% 0.45%
為替手数料 通常 25銭 25銭
FX連携 0.5銭
取扱い外国株 9か国 6か国
その他特徴 米国株定期買付サービス

取扱IPO実績ネット証券国内1位

楽天ポイントで投資可能

楽天カード決済で楽天ポイント付与

結論、非楽天経済圏はSBI証券を、楽天経済圏は楽天証券を開設すればOKです。

「投資したいけど何から始めたら良いかわからない」

そんな人、先ずはSBI証券楽天証券を開設して、VTという全世界に投資している(株=上場投資信託=ETF)を買ってださい。

勉強はVTを買ってからして下さい。株なんて証券口座を開設し、自分でクリックして買えば慣れてきます。自転車と同じです。

  • SBI証券:サイト・アプリの使いやすさ・見やすさが魅力
  • 楽天証券:幅広い海外株に対応しているのが魅力