SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、投資、日々の生活など気ままに書き綴ります。

2019年以降も海外ATMの利用が可能か?りそな銀行が海外在住にとって便利かもしれない銀行に生まれ変わっていた。

どうも、すっかりブログ怠惰モードになっていますXin(しん)です。前回アップした通り当初の目的だった新生銀行からDBS銀行への送金は終わりました。

しかし2019年から新生銀行のキャッシュカードが使えなくなる事には変わりない。

自分は諸事情あり、定期的に現金が日本の口座に振り込まれるので、日本の銀行口座はどうしても必要。可能なら日本円を海外出金できるサービスも引き続き利用したい。

なのでメインで使っていた新生銀行の、海外出金サービスを使えなくなるのは困る。代替措置として、海外ATMで引き出し可能なプリペイドカード「GAICA」を作れなんてホームページには書かれてあるけど…

f:id:xinsg:20180911185739p:plain

http://www.shinseibank.com/

申し込みを進めていくと必ずマイナンバーの壁に行き当たるんだよね。

意気揚々と「海外並びに国内でのご利用をさらに便利に…」なんて書かれてあるけど、マイナンバー不所持の海外在住の自分にとっては、さらに不便になってるねんて。

やはり日本ではマイナンバー不所持者の非国民には、まともな銀行サービスも使わせてもらえないらしい。

銀行アプリの利用を試みる

しかし時は2018年、シンガポールでは銀行アプリを利用しての送金はもちろん、銀行アプリで電話番号だけを経由して少額を送金できる「Pay now」というサービスまである。

いくら「デジタル化が遅れてる!」と言われてる日本であっても、大手の銀行ならスマホアプリぐらい準備してるもんやろ。そんな訳で新生銀行の次にお世話になってる、りそな銀行のアプリのインストールとセットアップを試みた。

すると、クソぼろいアナログのクレジットカードしか持っていない自分は、アプリのセットアップで壁にぶつかってしまったのだ。

先ず「ご覧のキャッシュカード」持ってない。

f:id:xinsg:20180911203614j:image

カードにセキュリティコードなんて書いてない。

f:id:xinsg:20180911203655j:image

帰国している上に、セットアップで必死こいてた時は神戸三ノ宮にいたので、りそな銀行の支店に行ってみることにした。

りそな銀行:まさかの即日カード発行

りそな銀行の神戸支店。以前は神戸支店は中華街エリアにあったと記憶してたけど、そごう神戸店の東側に移転していた。

f:id:xinsg:20180911194504p:plain

https://resona-map.jp/

りそな銀行アプリのセットアップしたい。その旨を受付に伝えると、手慣れた感じで「りそなスマート口座アプリ、りそなデビットアプリをインストールしてください」と言われた。整理券をゲットして待つこと数分、案内された。

用件は何でしょうか?

りそな銀行アプリのセットアップがしたいけど、できないんです。

キャッシュカード見せて頂けますか?

はい、これです!

あ~、これ昔のカードですね。今はデビット決済の機能がついた新しいカードになってます。新しいのに変えることでアプリもセットアップすることができますよ。

そうなんですね。バンクカードは本日中に発行可能なんですか?

身分証明書は持ってますか?

運転免許証持ってます。これです!

確かに。ならカードの発行は本日可能です。

「居住者の場合は云々言われたらどうしよう」なんてビビりつつ対応してもらってたけど、よく考えたらただのカード発行なので、聞かれるはずもなく。サクッとデビットカードの発行が完了。

f:id:xinsg:20180911201404j:image

黒色のカード印字が「カード紛失しても当日発行してくれる」とすこぶる評判のよいDBS銀行のそれと同じ。

f:id:xinsg:20180911201447j:image

この類のカードは余程早く発行が終わるのか、ガチで数十分程でキャッシュカードが発行された。

りそな銀行と言えば、10数年前は経営悪化で実質国有化になった、ギリギリメガバンクになれない存在。中途半端な銀行だったのに、ずいぶんと蘇ったものだ。

そんな事を思いつつ、カード発行中に担当者のサポート受けつつアプリのセットアップも無事完了した。

りそな銀行:スマート口座アプリ&デビットアプリ

それで銀行口座アプリは、OCBC、DBS、新生銀行などのアプリを日常的に使ってたから比較できるのだけど、りそな銀行のアプリがすごく使いやすい。

スマート口座アプリは、起動して暗証番号を入れるだけで、口座残高や入出金が一瞬で表示される。リンクされてるのが、デビット付カードだから、カードを利用すれば直ぐにアプリに反映される。

f:id:xinsg:20180911211516j:image

しかも規定以上の回数や金額デビットカードを使ったり、海外出金したりすると、ポイントも貯まる優れもの。
f:id:xinsg:20180911211819j:image

 貯まったポイントは海外在住者にとっては使い道のないポイントと思いきや、以下のレートでキャッシュバックすることもできる。
f:id:xinsg:20180911211937j:image

しかもオマケ程度だけど「自転車保険」までついている。

 f:id:xinsg:20180911224251j:image

デビットアプリは何故かスクリーンショット禁止なので、此処に添付することはできない。

しかし、りそなデビットでは毎月「何時、何処で、何に、幾ら」使ったのか詳細が纏められている。仮に生活費用を全部りそなカードで支払ったら、毎月の経費が一目で分かるようにデザインされている。

すごいじゃないか、りそな銀行アプリ!

しかもくどいが、注目すべきは海外ATMが利用できる事だろう。

りそな銀行:2019年以降も海外ATMの利用が可能?

2019年以降は銀行口座がマイナンバーが紐付けられる。そのため自分のようなマイナンバー不所持の非国民は、漏れなく海外ATM利用のサービス締め出しを喰らうものとばかり思っていた。

しかし今のところ、りそなデビットカードの海外ATM利用についてのページでは、マイナンバーについての事は言及されていない(新生銀行とは違う)。

もしかしたら、りそなデビットカードなら、2019年以降も問題なく海外キャッシングができるかもしれない。しかも海外で引き出した金額がアプリで瞬時で確認可能。これは海外在住者にとっては便利なのではないか。

りそな銀行は、もともと両親が最もお世話になってる銀行なので「付き合い程度で利用してた」銀行なのだけど、個人としては「あってもなくても、どうでもよい銀行」だった。しかし、ここ数年でこんなにもサービスが向上しているとは。

これからも基本的に日本円は新生銀行に振り込まれる。だけど海外ATMで日本のお金を現地通貨に変えて引き出したいときは、新生銀行→りそな銀行で振込みをして、りそなキャッシュカードで海外出金をしよう。

今回は一時帰国中、気まぐれで、りそな銀行のアプリをインストール&利用しようとして、支店に向かったところ思わぬ収穫があった。日本のオンラインバンクサービスをなめていた。

りそな銀行でもここまで便利なのだから、他の大手銀行ならもっと便利なオンラインバンクサービスもあるかもしれない。もしかしたら「そんなん普通や!○○銀行の○○アプリは、もっと便利だよ」なんていうコメントがつくかもしれない。

だけど、シンガポールに住んでいて、シンガポールの銀行アプリを利用していて、日々「Pay Now」なんかで細々としたものを支払いしている自分にとっても、りそな銀行のアプリは、なかなか便利じゃないかと感じた。

そんな訳でシンガポール在住で、りそな銀行の口座を所持している人がいたら、一時帰国の際に、ぜひ新しいデビット付帯のキャッシュカードを作って見てください。りそなデビットでの日本円決済は結構病みつきになります。