底辺系シンガポール現地採用オススメのサービス商品一覧

「五輪貴族(オリンピック貴族)」から見える社会の縮図と感じた雑感。

おすすめ

今月開催予定の東京オリンピックですが、無観客か有観客で行われるかに、焦点が当たっるみたいですね。

その議論の中で、五輪貴族(オリンピック貴族)という単語をネットで時々目にするようになりました。

五輪貴族か、すごい名前やな(笑)

というのが、最初この単語を目にした自分の感想。

しかし調べてみると、五輪貴族が現代の特権階級の象徴で、社会は権力者に支配されるもの、という事を改めて実感しました。

そこで今回は、五輪貴族とはどんな人のことを言うのか、そこから自分が感じたこと等を書きます。

五輪貴族とは誰?

五輪貴族(オリンピック貴族)とは、IOC委員のことです。IPC委員を指す、パラリンピック貴族という単語もあるみたいですね。

それではIOC委員とは、どんな組織なのか?

IOCは、1894年にピエール・ド・クーベルタン男爵という貴族が始めた、スイスに本部を置く非政府スポーツ組織です。

Pierre de Coubertin

当初は活動費は自腹だったので、五輪は単なる金持ち貴族ためのスポーツの祭典でした。

つまりスポーツ好きの金持ち貴族たちが、赤字覚悟のボランティアで、勝手に主催してたのがオリンピックです。

そんな訳もあり、IOCメンバーも裕福な王族や皇族などの貴族に限られていました。

しかし1984年のロサンゼルス・オリンピックにて、大会のスポンサーシップ確立により、初の黒字化を達成。この時からオリンピックは、商業ビジネスとして注目されるようになりました。

そしてIOCメンバーは、政治家・メダリスト・会社経営者などの一般人からも、選出されるようになりました。

2021年7月現在のIOCメンバーは、欧米諸国中心に115名いるようで、IOCのウィキペディアから確認できます。

国際オリンピック委員会 - Wikipedia

「なんだ昨今ニュースで、オリンピック貴族の厚待遇が話題になってるけど、たったの100数名なのか?」

なんて思うかもしれませんよね。

しかしオリンピック・ファミリーと呼ばれるIOC委員+関係者は約3000人いて、パラリンピック・ファミリーも約2,000人ほど。大会関係者も合わせると、15,000人程いるようです。

なので五輪貴族とは、このオリンピック・パラリンピック・ファミリーの総称で人数は約15,000人、と捉えるのが妥当そうです。

五輪貴族への待遇

IOCのバッハ会長が、コロナ禍における東京五輪開催について「五輪の夢を実現するために、誰もがいくらかの犠牲を払わないといけない」と発した事が注目を浴びました。

一方で、オリンピック開催中の五輪貴族の厚待遇が話題にもなっています。

それでは、東京五輪が開催されると、IOCメンバーはどんな待遇を受けるのか。ざっと確認する限り、五輪貴族が受ける待遇は、こんな感じです。

  1. 都内4~5つ星ホテルに4万4千円で宿泊
  2. 移動は航空機はチャーターか新幹線一両貸し切り
  3. 専用ラウンジにて豪華な飲食を楽しみながら五輪を観戦
  4. 入国後14日待機免除かつコンビニや飲食店などの利用も可能

オリンピック開催都市の大会運営要件として、IOC関係者のために4~5つ星ホテルの合計1400室を確約しており、中には1泊300万円のスイートルームもあるとか。

これらはオリンピックファミリーホテル(OFH)と呼ばれていて、配分はIOC独断の裁量で決められるとのこと。

またコロナ感染防止のため、大会選手と大会関係者(五輪貴族)の移動は航空機はチャーターか新幹線一両貸し切り。

オリンピック開催中は「五輪ファミリーラウンジ」なるVIP施設で、豪華な飲食を食べながら競技を観戦するのが通例らしいです。

今回の五輪ではコロナ感染防止のため、観客への酒の販売・提供を取りやめを発表したので、「五輪ファミリーラウンジ」でも酒提供なしの噂が流れてます。

“五輪貴族”に悲報! VIP専用「五輪ファミリーラウンジ」でも酒提供なし – 東京スポーツ新聞社
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)、武藤敏郎事務総長(77)が23日に会見を行い、競技会場でのアルコール類の販売、飲酒の全面禁止が正式に発表された。  そこで気になるのが国際オ...

しかし相手は五輪貴族様だよ。必ずお酒が提供されるって。バレたら「IOCは観客ではなく大会関係者だからOK」とかいう事になりそう。

なんて個人的には思っています。

また五輪貴族は14日間の待機免除で、到着当日からコンビニや飲食店(個室)の利用も特例で認められているようです。

ともあれ、このような五輪を強行せんとするIOCのバッハ会長は、「ぼったくり男爵」なんて呼ばれ方もしてるみたいですね。

五輪開催されたらコロナ感染者数は増えると思います。

そして将来的には、五輪が開催されなかったら助かったかもしれない命、なんてのも出てきそうですよね。

しかし権力・金で世界を操れる貴族の意向は、一般市民の命よりも大切です。

まさにカイジの世界を彷彿とさせますが、これが現実です。

世界史を学んだ人は、貴族が世界を征服する歴史を学びましたよね。

まさにそんな感じなんですよ。

五輪貴族で学んだこと

自分は当初は五輪開催に反対してましたが、今は「もうお好きに」というスタンスです。

それより、なぜ日本がコロナ禍なのに五輪中止を宣言できないのか調べて、開催中止の権限はIOCのみが持ってることを知って…

やっぱルールは、作って押し付ける方が最強やな

という事を再認識した感じです。日本の社会も同じですよね。

ベトナム人実習生がおにぎり一個の万引で逮捕され、罰金10万円を請求されたけど、権力者・政治家の税金の無駄遣いは、違法ではない。

なぜなら政治家(国会議員)がルールメーカーだから。

日本は建前は民主主義とは言え、ルールメーカー達が自分に不利になるよう、法を改正するわけないですよね。

だから、政治家の税金の無駄遣いも、永遠に違法にはならないです。

東京五輪組織委員会の役員報酬は、高い人なら月収200万円だそうです。これは国民の血税から支払われます。日本の国家予算から考えるとミジンコのウンコくらいの額ですが。

そういうことが気に入らないなら…

  • ルールメーカーに回るか(政治家になる)
  • ルールを上手く利用するか(生活保護・節税)
  • ルール適用地域から抜け出すか(海外移住)

するしかないと思うんですよね。

一番損してるのは、世の中のシステムから目を背け、日本国内で安月収で過酷な労働をしつつ、税金もきちんと払っている人達です。

場所が世界汚職度ランキングTOP2(クリーン度)の、デンマークやスウェーデンならともかく、日本で真面目に働いて納税しても、生活は良くならないですよ。

むしろ、不満なら無理せずに、仕事なんか辞めて生活保護でも受給すべきです。

日本は紛れもなく、正直者がバカ見る社会。だから皆、かしこく生きよう。