オススメ記事一覧

シンガポールの麻辣香鍋( マーラーホットポット)おすすめ10選。

おすすめ

どうも、シンガポール在住、底辺現地採用のXin(しん)です。

自分は現地で食の話題になり、何をよく食べるか聞かれると、必ず麻辣香鍋と答えます。

週3~4回はマラー食べないと、禁断症状が出るほどの中毒者です。

そんな美味い麻辣香鍋ですが、何をいくつ注文したら良いのか・予算など、最初は少し抵抗があると思うんですよね。

そこで今回は、麻辣香鍋の基本情報や注文の仕方・シンガポール国内のオススメ麻辣香鍋を紹介します。

麻辣香鍋とは?

麻辣香鍋は、シンガポール料理ではなく中華料理で、発祥は中国の重慶。

読み方は中国語で麻辣香鍋(Mala xiang guo/マラーシャングオ)が一般的ですが、Mala hotpot(マラーホットポット)と英語で呼ばれることもあります。

漢字から想像するに火鍋もイメージできますが、肉・野菜・キノコ類を唐辛子などで炒めたドライな料理です。

麻辣烫(Mala tang/マラータン)というスープ料理も提供店もあり、注文の際にMala xiang guoかMala tangかどちらだ、と聞かれる場合もあります。

麻辣香鍋が食べたければ、必ずMala xiang guoと答えるようにしましょう。

ちなみに自分はMala xiang guo中毒者ですが、Mala tangには全く興味がないです。

麻辣香鍋の注文方法

麻辣香鍋の注文方法は「1.具材を選び、2.辛さを伝え、3.米や麺の有無を伝える」だけ、慣れれば簡単です。

価格は店により大きく異なりますが、具材によっても大きく異なります。具材の価格のイメージはこんな感じです。

  • 魚類:SGD2.00~SGD3.00
  • 肉類:SGD1.50~SGD2.50
  • 野菜類:SGD1.00~SGD2.00
  • その他:SGD1.00~SGD2.00

これらの他にスープベースとしてSGD1.00~2.00程とられるのが一般的です。

辛さの目安は3~4種類でこんな感じです。

  • non-spicy(不辣/bu la)
  • less-spicy(小辣/xiao la)
  • normal-spicy(中辣/zhong la)
  • extra-spicy(大辣/da la)

店員さんは中国出身の人も多いので、中国語の方がよく伝わります。ちなみに自分はいつも小辣で注文してます。

具材を選び辛さを伝えたら、ライスor麺をつけるか伝え、会計をして注文完了。

一日一食の大人男(自分)が食べる量は、肉1種類、野菜4~5種類ほど。それにスープベースが加わり、毎回SGD10.00前後の支払いです。

フードコートの麻辣香鍋はボッタクリ店もあり、クオリティも悪いところが多いので、ホーカーで食べる事をオススメします。

麻辣香鍋おすすめ店10選

自身の独断と偏見で選んだ、麻辣香鍋10選を紹介します。味・価格・立地などを加味して総合的に決めました。

自分自身が西部在住のため、シンガポール西部にある店がメインになりますが、予めご了承ください。

その代わり、駅近でアクセスしやすい店を優先順位高めにしました。

① 日日紅麻辣香鍋(RiRi Hong Mala Xiang Guo)

日日紅(RiRi Hong)と言えば、ChinaTownにある麻辣香鍋界の代名詞的存在ですよね。

美味しい上に安いので、一人分を注文してSGD10.00を超える事は稀です。

② 辣味(La Way)

辣味(La Way)は、コロナ後にオーチャードタワーにできた新しい店です。

場所が便利で、価格も明瞭な上に美味しいので二位にしましたが、如何せん卑猥な場所にあるため、女性にはオススメしません。

③ 57 Degree Mala Xiang Guo

57 Degreeは、北部Admiralty駅前という馴染みない場所にありますが、立地の不便さを除けば非常にオススメです。

非常にマイルドな日本人向けの味で、日日紅が辛すぎる人には特にオススメで、下手すりゃ価格も日日紅より安くで済みます。

④ 文礼駅前の店

名前が不明でGoogle Mapも見つけられず、仕方なく「文礼駅前の店」と紹介してます。

西部Boonlay駅前から歩いた果物屋さんの隣に立地している店で、味価格ともに非常に安定性があります。

⑤ 这边来香辣鍋(Zhe Bian Lai Xiang La Guo)

这边来は西部Bukit Batok駅から少し歩いたホーカーにある店で、立地は少し不便です。

しかし味だけでの勝負なら、自分はシンガポール国内のマラーで一番好きです。辛さ・油の量・置いてる具材の種類など最高です。

⑥ Fragrance Paradise Mala Xiang Guo

Fragrance Paradise Mala Xiang Guoは、婚活アドバイザーさんも紹介していたクレメンティ駅から少し歩いたホーカーにある店です。

味は濃いめでボリュームが多いのが特徴で、いつも人が並んでいるような人気店です。

⑦ 日日昇麻辣香鍋(Riri Sheng Mala Xiang Guo)

日日昇は当記事での紹介してる中で唯一東に位置する店で、多くのローカルサイトでオススメだと紹介されています。

恐らくデフォルトの味がマイルドなので、ここでは中辣(normal spicy)で注文すると丁度良いかもしれません。

⑧ 泰源麻辣香鍋(Thye Guan Fragrant Hot Pot)

泰源はシンガポール西に三店舗くらい系列店があり、味も価格も安定しているのです。

しかし、どの店も駅から遠く不便な場所にあるので、8位にしました。

⑨ 小蛮牛麻辣香鍋(Xiao Man Niu Mala Xiang Guo)

小蛮牛は今回紹介しているなかで、唯一のレストラン型の麻辣香鍋店です。

ホーカー店に比べ価格は高いですが、エアコンの効いた快適な雰囲気の中で、マラーが頂けます。デートでマラー食べたいなら、小蛮牛一択ですね。

⑩ Ma La Xiang Guo @ JEM

名前の通り、Jurong East駅前のJEMのフードコートにある麻辣香鍋です。

地雷が多いフードコート内のマラーですが、余りにも多くの人が並んでいたので試したところ、悪くない店でした。

麻辣香鍋を喰え

以上、麻辣香鍋の基本情報、注文方法、お店オススメ10選を紹介しましたが、紹介文を書いてるだけでお腹が空いてきました。

死ぬほど美味い中華料理が麻辣香鍋なのに、この料理は食の大国「日本」で普及していないらしいではないですか。

自分は複数名の、本帰国後のマラー難民日本人を確認しています。

なので日本人(特に料理人)は、シンガポール在住中は必ずマラーを食べて、帰国後は日本でマラー店を作って下さい。

さすれば自分は、その店をTwitterやブログで拡散しまくります。