SINLOG

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、投資、日々の生活など気ままに書き綴ります。

シンガポールで最安値のビールが飲める居酒屋バー「KANPAI(カンパイ)」を紹介する。

どうも、ご無沙汰してます、超絶お久しぶりです、Xin(しん)です。

ここ数年日本に帰らなさ過ぎだったので、2ヶ月程前に一時帰国してました。

そのとき地元のコンビニ、スーパー、居酒屋などを徘徊して「時給:1080円~」なんて張り紙をみつけ、その度に「日本の時給上がったね!自分が高校生時なんて時給720円でウェイターのバイトしてたもんだが…」なんて思ってました。

しかし、シンガポールに戻って日本のそれ系ニュースを見るたび「日本人の給料だけ上昇せず」みたいなコンテンツで仕上がってて驚きました。

「賃金上がってる等のニュースは、安倍ちゃんが頑張ってるなどの印象操作だ」とか色々グニャグニャ揉めてますが、結局どうなのか分かりません。

シンガポールでは賃金・物価上昇中

ここシンガポールでは、労働者の収入は年々あきらかに上昇しています。

f:id:xinsg:20181028230233p:plain

シンガポール就職の給与・年収

そして物価もそれに合わせて上昇中で、特に趣向品である煙草やお酒は上げ幅はひどい。

しかし、シンガポールには自分のような外国人労働者ヒエラルキーの最底辺(現地採用)もいたりする訳で「自分のような貧乏現地採用人間は何処に飲みに行けば良いのか?」「スーパーでビールやワインを買ってきて家でチミチミ飲むしかないのか?」という疑問が出てきます。

そこで今回は、そんな自分でも手の届く、シンガポールトップレベルに安い居酒屋チェーン店を紹介したいと思います。

シンガポール最安値の居酒屋「KANPAI」

自分のような貧乏人用の居酒屋なので、日本語での紹介記事は皆無。そのため「これよかれ!」と紹介する店の名前は「KANPAI」です。

f:id:xinsg:20181028234109j:plain

自分が認知している限りでは系列店は、Raffles Place駅徒歩圏内に1店舗(チャーチストリート)、Robertson Quay圏内に1店舗、の計2店舗です。

名前からして日系店のように思えるけど、おそらく完璧なローカル店。放ったからしにしていてもローカル客でごった返すので、フェイスブックのシンガポール在住日本人ページ等での猛烈アピールもありません。

KANPAI@チャーチストリート

隣にはワインが最安値価格で飲めるワインコネクションもある、居酒屋価格競争エリアにあります。

f:id:xinsg:20181029010047j:plain

  • 住所: #01-02 25 Church Street S1049482 Singapore 048768,
  • 時間: 11:00〜2:00
  • 電話: 8738 7426

 料理もボリュームがあって美味しいのですが、ウリはおそらく匂いが爽やかでスッキリした味わいのフランス産のビール「Kronenbourg 1664」(記述が面倒なので以降コロニャンバーグとします)。

f:id:xinsg:20181029010029j:plain

シンガポールでは通常ビールのジャグともなればSGD40.00~60.00ドルくらいするもんですが、なんとKANPAIでは驚異のSGD18.80です。

f:id:xinsg:20181029010146j:plain

コロニャンバーグはそんな安いイメージのビールじゃないのだけど、シティエリアで本当にこの価格でやっていけるのか?というレベルです。

料理はボリュームたっぷりで、ローカル向けの大味のメニューが多いです。店内はこんな雰囲気。

f:id:xinsg:20181029010208j:plain

見たことないアサヒビールのちょうちんの存在感がすごいです。

KANPAI 789@ロバートソンキー

ロバートソンキー店はワインコネクションも付近にありますが、高級店でごった返すUnity Street付近(2階は魚の「ひもの屋」です)にあります。

f:id:xinsg:20181029010105j:plain

  • 住所: #01-18/29 Robertson Walk 11 Unity Street, Singapore 237995
  • 時間: 17:00~2:00 
  • 電話: 8738 7996

メニューはチャーチストリート店舗と同じ。実は自分はここに2回ほど来たことがあるのですが、いつも客でごった返していて店員さんは非常に忙しそう。

自分からガツガツとオーダーしないと永遠に放置されます。特に2回目に行ったときは、中華系ローカルと思しき店員さんに冷たくあしらわれました。しかし、来たタイミングが悪かったので仕方ない。

f:id:xinsg:20181029010008j:plain

それでも値段は手ごろですし、お酒の種類も多いですし、料理のボリュームも多く満足度は非常に高いんです。

f:id:xinsg:20181029010132j:plain

とはいえ、ロバートソンキー店の忙しい時の対応なら、キレる日本人もいそう。

「これぐらいでキレるのなら来る資格はない!」と言いたいところですが、そういった接客サービスも気にするなら、チャーチストリート店の方をオススメします。

チャーチストリート店のスタッフはみんな非常にフレンドリーで親切です。

物価高のシンガポールでもコスパの良い店はある

「KANPAI」という名前の居酒屋はホーランドビレッジにもあります。しかし「KANPAI@ホーランドビレッジ」はビールはASAHI押しで日本食がメインなので「KANPAI 789」とは関係なさそう。

この他にも、ローカルに人気でコスパ良しの居酒屋はたくさんあると思います。特にこんな記事は要参考になりそう。

以上「KANPAI」の紹介記事でした。また気が向いたら何かしらの記事を書きます。

話が変わりますがインスタグラム経由でアメブロの更新を再開しました。

このアカウントを使って「自分にとって暇つぶしの何か!」を計画中です。