シンログ

シンガポール在住の底辺現地採用のブログ。 雑感、旅行記、日々の生活など気ままに書き綴ります。

SINLOG

シンガポールでしか買えない最強のお土産「スタンピング(彫刻)」キーホルダーを作ってみた。



どうも、最近サイト検索で上位表示させるテクニック(SEO)に興味が湧いてきて、気の赴くがまま研究しておりますXin(しん)です。

シンガポールへの旅行者が検索しそうなキーワードでネット検索すると「RETRIP」「TRIPNOTE」「NAVER 」などのバイラルメディアが上位表示されます。シンガポール在住日本人が約3万人。対してシンガポール旅行者は毎年約80万人。バイラルメディアの目的は金儲けだから、旅行者をターゲットにしたアクセス数が稼げそうなワードで攻めてくるのは当然。

そのため典型的な旅行者ワード「シンガポール お土産」に関する情報も豊富で、自分が紹介しようと思ってるお土産も既に紹介されてるだろう。などと思っていたのですが、意外に紹介されいる日本語サイトがなかったので、今回紹介します。

そのお土産が購入できる店があるのは、シンガポールのフィリピン人メイドちゃんたちの聖地。

ラッキープラザ‥‥という名のアンラッキープレイス

名前は「ラッキー」だが、無防備な旅行者がその気分まる出しで行くと、ぼったくり価格でお土産を買わされる事でも有名な「アンラッキープラザ」である。

その旅行者が日本人なら尚更だ。安易にモバイル関係製品をここで買おうものなら、ラッキープラザの「ラッキー」とはお土産を売る側にとっての「ラッキー」なのだな、と実感できる経験ができるに違いない。

しかし、そんなラッキープラザの中にありつつも、オリジナルなお土産が作成可能な希少な店がある。世界に1つのだけのお土産「スタンピング」製品が作成可能な店だ。B1ー50にある「ASIA ENGRAVING STORE」、直訳すると「アジア彫刻店」、そのまんまやねん。

ASIA ENGRAVING STORE

f:id:xinsg:20170320213003j:image

  • 住所:B1-50 Lucky Plaza 304 Orchard Road Singapore 238863
  • 日時:10:00 - 20:30
  • 連絡:6737-1731, 6733-7857

店内にはエアラインの彫刻が入ったプラスチック型のキーホールダー(クルータグ)が掛けられている。キーホールダー本体のみの値段はそれぞれ以下の通り。

f:id:xinsg:20170320213011j:image

  • 小さいキーホールダー:SGD10.00。
  • 大きいキーホールダー:SGD12.00。

こんな金属製のキーホールダーもある(個人的にはこっちの方が好み!)。

f:id:xinsg:20170323160236j:image

  • 金属製キーホールダー:SGD15.00。

店に飾られているのは売り物なのでなくイメージ。これらキーホールダーに好きな文字を彫刻してくれるのである。

折角なので1個作って貰うことに

シンガポールに来た旅行者はもちろん、在住者も、一時帰国や旅行予定であれば、お土産を上げる家族、恋人、友人などの名前を彫刻すると良いだろう。

しかし自分は、一時帰国の予定もなければ、旅行の予定もない。加えてブログにアップする気満々で作ってもらうので本名もNGだ。さて何を彫刻してもらうか。

用意されてるロゴも彫刻してもらえる

こいつが彫刻する機械。20年以上このサービスを提供してるようで年季が入っている。

f:id:xinsg:20170320213018j:image

このようなロゴも彫刻してもらえる。スヌーピーが目立つ。

f:id:xinsg:20170320213029j:imageもう1枚。いろいろ種類がある。最近は左下の方のハローキティのロゴが人気なんだとか。ハローキティはあるのに、ドリタンがないのが個人的に許せない。

f:id:xinsg:20170320213037j:image

しかも、まさかサンリオへの著作権使用料は払ってないんじゃないのか。そこはラッキープラザだけに。想像にお任せする。

文字は3種類から選べる

シルバーキーホールダーを選んだ場合、彫刻する文字はこの中から選べる。

f:id:xinsg:20170323171309j:image

一番左のブロック体、真ん中と右側の筆記体。悩んだ末、今回はシンガポールの国歌「Majulah Singapore(進めシンガポール)」と彫刻してもらう事にした。レターは一番右の筆記体。

本来の綴りは「Majulah Singapura」とSingaporeの綴りもマレー語だが、そのまんま国歌と全く同じなら世界のどこかに同じキーホルダーがありそうなので、「Majulah Singapore」にしてもらうことに。

f:id:xinsg:20170320213102j:image

しかし、改めて料金を確認すると予想しない反応が返ってきた。


しん「という訳でお願いね!」

店員「おう、任せとけ!」

しん「先払い?SGD15.00だったよね?」

店員「ああ、料金はSGD22.00だ。」

しん「は?さっきシルバーはSGD15.00って言ってたじゃん」

店員「MajulahとSingapuraで、2行になるからSGD22.00だ。

 

本体の値段は彫刻込の値段ではなく彫刻にもチャージが掛かるらしい(←先に言えよ!)。十分な説明がなく急にSGD22.00と言われたので、少し値切った。結局SGD20.00で話がついて、当初は出来上がるまでに1日かかると言われていたのに「20分後に来い」とのこと。

込んでいる時は最大1日掛かるが、空いている時なら、その日のうちに作ってくれるそうだ。また、込んでいても少し多めに払えばURGENTで取り扱ってくれるらしい。金がすべて物を言う世界。フィリピン人の聖地「ラッキープラザ」の中にあっても、さすがシンガポール国内にある店だ。

約15分後、他の店をふらふらして、戻ってくるとすぐに声を掛けられた。キーホルダーが完成。文字は少し薄い。ブロック体を選べば良かったかもと後悔したものの、想像以上に洒落乙な感じでやで。

f:id:xinsg:20170320213110j:image

文字が見えるように写真加工してみた。これは‥‥いいかも!お土産をあげる対象の名前を彫刻したら喜ばれること間違いなしでは?

f:id:xinsg:20170323195452j:image

実はこのお店「オリジナルのクルータグが作れる」という事で航空会社のCAやグランドスタッフに有名だそう。

自分も3年前、航空会社に勤務してた友人がシンガポールに旅行に来た時に教えてもらった。在住者が旅行者にオススメのお土産購入店を教えてもらう、という何とも情けない話だったけど、とにかく航空会社関係者には有名で、その他には余り知られていない店なのではないのかな。知ってた?

少なくとも「シンガポール お土産」というキーワードでネット検索して、この情報は出てこなかったので、敢えてタイトルに「シンガポール お土産」を入れて書いてみました。旅行者は自分へのお土産に、在住者は一時帰国に、おすすめのお土産屋さんではないかなと思います。